パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

ネガティブ感情を、ブースターに使う。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:2016年3月13日 更新日:

【理論編】

ポジティブ心理学という、ちゃんとした学問体系があります。

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則/日本実業出版社
¥1,728Amazon.co.jp

著者は、感情心理学では、

《「恐れ→逃走本能、怒り→攻撃本能、憎悪→忌避行動のように、

特定の感情が特定の行動の誘引となることが生存に結びつき、

感情が人間にとって重要なものとなった》と主張していると、

述べています。(上記書籍から引用)
ネガティブな感情は、特定の行動を引き起こそうとします。

行動を駆り立てるものになる、ということです。

ですから、ネガティブ感情を感じたときは、この性質を活用すればいいのです。

 

【実践編】

1 ネガティブ感情が生じたときは、まずは自分のゴールを確認しましょう。

2 ネガティブ感情を活用して、ゴールに近づく行動を取りましょう。

参考記事

憤りを、モチベーションに変える。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自信過剰になるという心配は不要。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

失恋して自信喪失……自分に自信を取り戻す方法4選        失恋するだけでもつらいのに、それが彼からフラれたとなると女性としての自信をな …

no image

問題ではなくゴールに意識を向ける【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

大仏の髪の「数」492個=定説の半分-奈良・東大寺 東大寺(奈良市)は3日、大仏の髪に当たる「螺髪」(らほつ)の数について、これまで一般に知られていた……….≪続き …

no image

義務感は、ゴール達成の足を引っ張る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

シャープの「自爆営業」に百貨店社員 「私の業界では普通」  経営再建中のシャープが、社員を対象に自社製品を購入することを求めるキャンペーンを始め、これが大……….≪ …

no image

攻撃してくる人は、ビビっている。

 「闘争・逃走モード」と呼ばれる脳が状態があります。    攻撃してくる人は、この状態になっています。    では、どんなときにこの「闘争・逃走モード」になるのでしょうか?     …

no image

過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  計算問題を間違えたとき、  「自分はバカだ」と思うのも、  「あれっ、おかしいな」と思うのも、  どっちでも自然なはずです。  計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。