パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

問題ではなくゴールに意識を向ける【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

大仏の髪の「数」492個=定説の半分-奈良・東大寺
 東大寺(奈良市)は3日、大仏の髪に当たる「螺髪」(らほつ)の数について、これまで一般に知られていた……….≪続きを読む≫

【理論編】

豊臣秀吉は、山にある木の数を数えるように言われて、

まず1000本の短い縄を用意したそうです。

そして、その縄を木に巻きつけた。

そして、残った縄の数を数えて、1000から引いた、と言われています。

大仏のらほつの数も、命をかければ同じ方法で数えられたと思いますが、

今回はもっと科学的な手法を使ったようです。

問題を作り出すのは、過去の方法です。

ですから、過去と同じことをしていては、問題は解けません。

ネガティブ体験についても同じで、

過去を振り返ることで意味を変えるという手法は、すでに時代遅れのものです。

行き詰まったときは、ゴールを確認しましょう。

ゴールに意識を向けることで、新しい情報を、脳と心は探し求めます。

問題に注目するのではなく、また方法に注目するのでもありません。

ゴール、目的に注目するのです。

【実践編】

1 自分が抱えている問題を取り上げましょう。

2 どのような解決方法があるかをすべてあげましょう。

3 「もうこれ以外にはない」と思ったら、ゴールを確認しましょう。

4 新しく見つかった方法を書き加えてください。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

解釈から、自己イメージを推測する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

びっくりするほど靴紐がほどける… 「自分ってダメ人間だな」と思う瞬間 みんなはちゃんとできているのに、なぜか自分だけいつも同じ失敗をしてしまう。その失敗が小さくて地味な……&# …

no image

小さな一歩が、バカにできない理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 「やる気で出たら、やろう!」と考えるのが普通ですが、 脳は「やり始めたら、やる気を出す」という性質を持っています。 これは「作業興奮」と呼ばれる現象です。 だから、小さな一歩が大切なのです …

no image

サバイバーが、被害者の希望になる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

こういう事件が起きると、私達はどうしてもいじめを疑ってしまいますね。 この事件については、原因はわからないのですが、 少しでもいじめが原因となるものが減るように、 私達、サバイバーが、助けていきたいで …

no image

理論的な立ち位置のまとめ【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

今回は、簡単なまとめです。 もしこのブログに興味がある人は、ここから読んでいただけると、 理論的な立ち位置はご理解いただけると思います。 コーチングは、治療を目的とはしていません。 ゴール達成を目的と …

no image

人間関係に疲れたときに思い出してほしいこと

 人間関係で疲れたときには、    ぜひこれを思い出してください。        周囲の人も、    人間関係に疲れている、という事実を。     & …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。