パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

意味を変えるために、今動く。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

「言うことを聞かない子ども」のほうが大人になって大成する理由
親なら誰でも、わが子には素直で言いつけを守るように育ってほしいと願うものです。でも、子どもは時……….≪続きを読む≫

【理論編】

出来後の意味は、事後的に決まります。

言うことを聞かない子供が大きくなって、起業家して大成功したら、

「昔から意志が強かった。」と、プラスに表現されるでしょう。

反対に、起業家として大失敗したら、

「昔から人の言うことを聞かなかったから、失敗した」と、

マイナスに表現されるでしょう。

出来事の意味というのは、このように事後的に揺れ動く、頼りないものなのです。

では、出来事の意味を変えるにはどうすればよいのでしょうか。

それは、よい出来事を生み出すために、今、行動を起こすことです。

現状の延長線上にはない、すばらしい未来を作るために、今、行動を起こすことです。

【実践編】

1 今の自分にとって、マイナスだと感じる状況を1つ挙げましょう。
  例:いじめ・いやがらせ被害体験
 
2 どのような未来になれば、そのマイナスの出来事がプラスの出来事になるかを考えましょう。
  例:いじめ・嫌がらせ被害体験で苦しんでいた人が、「あなたのおかげで、サバイバーにもよいところがあると前向きになれた」と言ってくれている。

3 その未来を達成するために、今までしていないことで、今できることをしてみましょう。
  例:ブログを書く。動画を撮るなど。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

いじめ・嫌がらせ被害体験者こそ、「WANT TO」が大切である理由。

コーチングにはいろいろな流派があります。 しかし、どのような流派でも重視するのが、ゴール設定です。 それぐらい、ゴール設定は大事なものです。 私の流派では、ゴール設定には2つの条件があるとされます。 …

no image

誰の言動を取り入れるかを、自分で決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

他人から、いじめ・嫌がらせを受けて、全く悪影響を受けない人はいません。 しかし、その悪影響を弱めることができます。 その方法の1つが、セルフトークのコントロールです。 セルフトークは、日本語では内言、 …

no image

いじめ・嫌がらせ体験は、あなたのゴール達成のための最高のツールになる。

不謹慎を承知の上で書きますが、 いじめ・嫌がらせ体験は、 あなたのゴール達成の最高のツールとなりえます。 あなたが掲げるゴールがどのようなものであれ、 そのゴール達成には、必ず周りの人の共感を得る必要 …

no image

ゴールはいくつあってもよい。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

ゴールがない人にも、ちゃんとゴールはあります。 現状維持のゴールです。 現状を維持することがゴールとなっています。 もちろん、それが悪いわけではないのですが、 それではいじめ・嫌がらせ被害体験も、当然 …

no image

いじめ・嫌がらせの被害体験を克服するためには?被害を克服するためのゴール設定

いじめ・嫌がらせ体験の悪影響を受けないようにするための、 ゴール設定には2つの条件があります。 この2つの条件を満たすゴールを設定することで、 いじめ・嫌がらせ体験から悪影響を受けないで生活できるよう …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。