パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

意味を変えるために、今動く。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

「言うことを聞かない子ども」のほうが大人になって大成する理由
親なら誰でも、わが子には素直で言いつけを守るように育ってほしいと願うものです。でも、子どもは時……….≪続きを読む≫

【理論編】

出来後の意味は、事後的に決まります。

言うことを聞かない子供が大きくなって、起業家して大成功したら、

「昔から意志が強かった。」と、プラスに表現されるでしょう。

反対に、起業家として大失敗したら、

「昔から人の言うことを聞かなかったから、失敗した」と、

マイナスに表現されるでしょう。

出来事の意味というのは、このように事後的に揺れ動く、頼りないものなのです。

では、出来事の意味を変えるにはどうすればよいのでしょうか。

それは、よい出来事を生み出すために、今、行動を起こすことです。

現状の延長線上にはない、すばらしい未来を作るために、今、行動を起こすことです。

【実践編】

1 今の自分にとって、マイナスだと感じる状況を1つ挙げましょう。
  例:いじめ・いやがらせ被害体験
 
2 どのような未来になれば、そのマイナスの出来事がプラスの出来事になるかを考えましょう。
  例:いじめ・嫌がらせ被害体験で苦しんでいた人が、「あなたのおかげで、サバイバーにもよいところがあると前向きになれた」と言ってくれている。

3 その未来を達成するために、今までしていないことで、今できることをしてみましょう。
  例:ブログを書く。動画を撮るなど。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

好きなことをすることを、コーチが勧める心理学的理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 この本には、ポジティブ感情についての仮説が紹介されています。 それは、「拡張-形成仮説」です。 ネガティブ感情は、特定の行動性向を生じさせます。 …

no image

不登校だからこそ夢が叶う!フリースクールまなポートのご紹介

子育てコーチをされている小松範之さんが、 なんと、フリースクールを開設されます。 http://ameblo.jp/rasacoaching/entry-12108933787.html(フリースクー …

no image

良い悪いの判断は、後でいい。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

アニメ×観光協会ポスター 胸強調し過ぎとの議論登場 アニメ『のうりん』と美濃加茂市観光協会のコラボ企画「みのかもまるっとスタンプラリー2015」のポス……….≪続き …

no image

問題ではなくゴールに意識を向ける【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

大仏の髪の「数」492個=定説の半分-奈良・東大寺 東大寺(奈良市)は3日、大仏の髪に当たる「螺髪」(らほつ)の数について、これまで一般に知られていた……….≪続き …

no image

パワハラを受けて、平気な人はいない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 パワハラ・職場いじめなどを受けている人に、「相手が悪いのだから、気にしないでいいよ。」と、 言う人がいます。  相手が悪いという部分については賛成です。 普通の社会人なら、誰かを傷つけようとはしませ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。