パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

すべては単なる言いがかり。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

独り身寂しくなるXmasソングTOP10
海外では家族で過ごすとされるが、日本ではほぼ「恋人たちの祭典」と化しているクリスマス。12月に入れば……….≪続きを読む≫

【理論編】

 クリスマスに独り身であることを、

 寂しく思う人が続出するという不思議な国が、日本です。

 クリスマスの起源は、もちろんキリスト教ですが、

 キリスト教だからといって、クリスマスを祝福する理由は1つもありません。

 キリスト教の根本にあるのは、神にとって人間はみな平等、という概念であって、

 恋人いるいないで差別するなら、本末転倒です。

 また、クリスマスを祝福しないからキリスト教でないか、といえばそうではありません。
 
 

 クリスマス商戦という言葉があるとおり、

 売上を伸ばしたい企業が煽っているだけ、

 クリスマスは恋人の日と脅して、売上を上げようとしているだけです。

 これは、年末年始についても同じです。

 

 いじめ・嫌がらせの基本は差別をすることですが、

 差別をする理由に、まっとうなものなどありません。

 いじめをする側が、勝手に価値観を作り上げ、

 周りを巻き込んで、それに従っていないから差別をしていい、

 としているだけです。

 クリスマスのように、自分達で勝手に価値観を作り上げ、

 その価値観に乗らないと恐怖を感じるように作り上げるという、

 構造は全く同じです。

 

 いじめ・嫌がらせを受けた理由を、

「自分が悪かった」と自分を責める方、

 もしくは、自信をなくす人がいらっしゃいますが、

 そうなる必要性はまったくありません。

 最初は、99%単なる言いがかりです。

 そんなものを、気にする必要はないのです。

【実践編】

 1 自分を責めている理由を、書き出してください。
  例:自分の意見がはっきりと言えなかった自分が悪い。

 2 自分を責めている理由の前提にはどのようなものがあるでしょうか。
  例:自分の意見をはっきりと言うと、被害は受けない。
    自分の意見を言えないことは、悪いことだ。
    自分の意見がないことは、よくないことだ。

 3 その前提となる考えは、本当に正しいのかを確認しましょう。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ドリームキラーは必ず出てくる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コーチングにはドリームキラーという言葉があります。 これは、その名のとおり、ゴール実現を妨害する人のことです。 ゴール実現に向かうと、必ずドリームキラーが出てきます。 なぜ、このようなネガティブな予言 …

no image

自分が変わらなくては達成できないことが、ゴールの条件。

今回は、「被害体験をプラスに変えるための、ゴール設定の条件」という話をします。 何度か書いてはいるのですが、ゴールには条件が2つあります。 1 「現状の外」2 「WANT TO」 今回は特に、「現状の …

no image

カウンセリングでは、いじめ・嫌がらせ体験の心の傷が、消えない理由。

先に述べておくと、私はカウンセリング肯定派です。 いじめ・嫌がらせ被害の体験者は、カウンセリングを受けた方がよいと思っています。 リンチに遭った人を、医者に見せない人はいません。 いじめ・嫌がらせはリ …

no image

趣味のゴールを設定すると、思い込みが外れる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

コーチングの最終目的は、クライアントが本当のゴールを見つけることです。 心の底から達成したいと思うような、ゴールのことです。 そのようなゴールが見つかったら、過去の傷など気にならなくなります。 そのた …

no image

あなたが上司に嫌われる理由【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

我が子は3歳は、ものすごく優しいので、 買い物屋さんごっこをして、 500円のおもちゃを、彼から500円で購入すると、 彼は、そのおもちゃと500円をくれます。 彼の原則は、きっと「与えよ。そして、与 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。