パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

弱いものいじめを止める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

職員「同性愛は異常」とツイート=沖縄中傷も、処分検討-岐阜県
 岐阜県技術検査課の30代男性主任が、ツイッターに「同性愛は異常」などと投稿していたことが2日、分か……….≪続きを読む≫

【理論編】

日本に限らず、人間は基本的には弱いものいじめをします。

おそらくニュース記事で取り上げられた人も、さまざまなバッシングを受けているでしょう。

もちろん、この記事を読んでくださる人は、

そんなことはしないと思います。

なぜなら、ゴールがあるからです。

被害体験をプラスに変えるというゴールのために、

自分を変えるための行動を取っている人にとって、

他人をバッシングするのは自己矛盾です。

なぜなら、他人を批判すれば批判するほど、

他人の目、世間の目が気になって、自分が動きにくくなるからです。

すべてはゴールにとって重要かどうか、で判断する習慣をつけましょう。

そうすることで、自分にとって重要なことにだけ集中することができるようになります。

【実践編】

1 他人を批判したくなったら、ゴールを思い出しましょう。

2 ゴールに関係がないなら、無視しましょう。

3 ゴールに関係があるなら、関係がある分だけ関わりましょう。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  計算問題を間違えたとき、  「自分はバカだ」と思うのも、  「あれっ、おかしいな」と思うのも、  どっちでも自然なはずです。  計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはな …

no image

いじめ・嫌がらせの被害体験を克服するためには?被害を克服するためのゴール設定

いじめ・嫌がらせ体験の悪影響を受けないようにするための、 ゴール設定には2つの条件があります。 この2つの条件を満たすゴールを設定することで、 いじめ・嫌がらせ体験から悪影響を受けないで生活できるよう …

no image

ゴール達成状態をリアルにする。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「DEATH NOTE」に、また最近ハマっています。 夜神月のセルフトークは、よい見本になります。 夜神月が、 南空ナオミの名前を聞き出そうとするときのセルフトークは、 「もうそれしかない・・・僕なら …

no image

いじめの被害体験の影響を、少なくする簡単なコツとは?

いじめ・嫌がらせ被害で、前に進めない人は大勢いらっしゃいます。 「いじめを受けたときの傷は、絶対に忘れられません!」とおっしゃる人もいます。 もちろん、それがプラスの力になっているなら、よいのです。 …

no image

ネガティブ体験は、強みとなる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  ネガティブ体験は、  もちろん、少ないほうがいいです。  私も、ネガティブな体験なんて、  できるだけしたくはありません。  それでも、ネガティブ体験が無意味かと言えば、  そうではあり …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。