パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

義務感は、ゴール達成の足を引っ張る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

シャープの「自爆営業」に百貨店社員 「私の業界では普通」
 経営再建中のシャープが、社員を対象に自社製品を購入することを求めるキャンペーンを始め、これが大……….≪続きを読む≫

ゴールは、義務ではありません。

ゴールには、2つの条件があります。

その1つは「WANT TO」つまり、達成したいと思えるゴールであることです。

シャープの経営再建を考える経営者にとって、

経営再建はもちろんゴールに入っています。

そのために、これまでのシャープらしからぬ自爆営業を始めたのは、

素晴らしいことだと思います。

ただ、経営再建がゴールであるとすれば、

ちょっとゴールが低すぎますね。

それよりも問題なのは、

それが社員にとっての「WANT TO」になっているかどうか、です。

申し訳ないのですが、

社員にとって大切なことは経営再建ではなく、

自分達の生活を守ること、つまりは現状維持でしょう。

それを踏まえると、

「経営再建のために、社員のみなさん、商品を買ってください」というのは、

単なる義務感を増やすだけです。

これは、経営再建への気持ちを削ぐ行為にもなりかねません。

ゴール達成に向けて、義務感は禁物です。

これは、いじめ・嫌がらせ被害体験についても同じです。

変わらなきゃという義務感は不要です。

そうではなくて、自分が変わらないと達成できないぐらい壮大で、達成したいと思えるゴールを掲げてください。

そして、その実現に向けて、本気で、夢中で取り組んでください。

参考記事

もっと欲に素直になっていい。

コーチングをもっと知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。
ブログでは書けない、かなり有益な情報が満載です。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自分らしさを決めつけない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

詐欺グループ、実は「社畜」だった! タイムカードで出勤管理、ノルマ達成ボーナスもブラックな労働環境にもかかわらず、自ら会社の都合よく働き続けるサラリーマンは、時に「社畜」と呼ばれて…&#8 …

no image

解釈から、自己イメージを推測する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

びっくりするほど靴紐がほどける… 「自分ってダメ人間だな」と思う瞬間 みんなはちゃんとできているのに、なぜか自分だけいつも同じ失敗をしてしまう。その失敗が小さくて地味な……&# …

no image

本当にしたいことが見つかれば、全部勝手に変わる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

過去の出来事の意味は、勝手に変わっていきます。 原因分析も無意味ではありませんが、それほど役に立ちません。毎日のように嘲笑された日々がトラウマとなっていて、 人前に出ることができないという、 原因と結 …

no image

パワハラ被害体験は、プラスに変えられる。

パワハラなんて受けないほうがよいに決まっていますが、 それをプラスに変えることはできます。   無駄にしないという意味ではなく、 プラスの資産に変えられるのです。   【1】目標達 …

no image

理論、実践、共有で、マインドセットを変える。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

マインドセットの研究の中で、 マインドセットはたった3ステップで、変わることが分かっています。 1 理論2 実践3 共有 学んで、試して、その結果を他人と共有するわけです。 デール・カーネギーの『道は …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。