パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

最悪の事態を想定することから、始める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

東京がISテロの標的になる可能性「十分あり得る」と専門家
 フランス・パリの中心部で起きた同時多発テロ。一版市民や観光客など120人以上が犠牲になった無差別テ……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

クライシスサイコロジーと呼ばれる分野があります。

今回のフランスのテロは、日本人のメンタルにも大きく影響を及ぼす可能性があります。

なぜなら、このような危機が生じたとき、

「他人の経験を、まるで自分が経験したかのように感じる」のが人間だからです。

頭の中で、物理的な被害者と同じように、被害者心理に陥ってしまうのです。

ですから、日本においても、実際に被害を受けたかのような状況と考えて、

国家レベルでの対応をするのが、本当のところです。

このような場合、国は安全を保証してはいけません。

冒頭で取り上げたニュースの教授のように、日本にもテロの可能性があると言わなければなりません。

そうしておいて、それをどのように防ぐのかの計画を示し、計画の実行状況を逐次、国民に示していくのがよいのです。

安全ですと先に保証してしまえば、もしテロが起きたときのパニックはひどくなります。

ですから、保証はしてはいけないのです。

この方式は、新しい自分に向かって行動を起こすときにも役立ちます。

まずは自分がとろうとする行動による、最悪の事態を想定してみましょう。

そして、その最悪の事態を許容できるかどうかを考えてみるのです。

たとえば、私の場合であれば、このような政治的意見を言うことによって、

最悪、どうなるかを考えてみます。

そして、別に対したことないなと思っているので、このような文章を公表しているわけです。

ゴールに向かって行動を起こし始めれば、必ず何かしらの障害が出てきます。

それらが自分の中で、許容できるかどうかを考えてみましょう。

もちろんゴールに向かって行動を起こせないあなたは、あなたらしくはないのです。

しかし、だからといって何も行動を起こさずにいるのも、あなたらしくない。

ですから、許容できる損失を見定めて、その範囲内でできることをしてほしいと思います。

許容損失についてももっと詳しく知りたい方は、メルマガ登録をどうぞ。

関連記事

理論的な立ち位置のまとめ

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

年賀状を書くのはなぜ?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

年賀状 家族一同に「ペットの名」入れる人に疑問の声今年もそろそろ年賀状のことを考える時期になった。そのときに毎度議論が勃発するのが、「子供の写真入り年……….≪続き …

no image

マイナスの出来事を、プラスに変える。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

パート職員が6000万円着服=顧客の定期預金など-千葉興業銀 千葉興業銀行(千葉市)は20日、検見川支店の渉外担当だった女性パート職員(52)が、顧客4人の預金……&#8230 …

no image

セルフトークをするのが、面倒になったら?【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

セルフトークのコントロールは、徹底することが大切です。 しかし、多くの場合、まずセルフトークのコントロールをすることさえしません。 人間の心理というのは、本当に面白いものです。 自分が本当に変わる可能 …

no image

誰の言動を取り入れるかを、自分で決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

他人から、いじめ・嫌がらせを受けて、全く悪影響を受けない人はいません。 しかし、その悪影響を弱めることができます。 その方法の1つが、セルフトークのコントロールです。 セルフトークは、日本語では内言、 …

no image

資格よりも経験が強い。

4歳の我が子に、 「起きて~」と、 指で目を開けられます。 めちゃくちゃ痛いです。 【理論編】  コーチングや、同級生の話を聞いていると、 「資格を持っていないので、転職できません。」という、  話を …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。