ネガティブ感情を、ブースターに使う。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】

ポジティブ心理学という、ちゃんとした学問体系があります。

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則/日本実業出版社
¥1,728Amazon.co.jp

著者は、感情心理学では、

《「恐れ→逃走本能、怒り→攻撃本能、憎悪→忌避行動のように、

特定の感情が特定の行動の誘引となることが生存に結びつき、

感情が人間にとって重要なものとなった》と主張していると、

述べています。(上記書籍から引用)
ネガティブな感情は、特定の行動を引き起こそうとします。

行動を駆り立てるものになる、ということです。

ですから、ネガティブ感情を感じたときは、この性質を活用すればいいのです。

 

スポンサードサーチ

【実践編】

1 ネガティブ感情が生じたときは、まずは自分のゴールを確認しましょう。

2 ネガティブ感情を活用して、ゴールに近づく行動を取りましょう。

参考記事

憤りを、モチベーションに変える。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。