EXILEパワハラ騒動に観る、トップの動きの大切さ

EXILEの所属事務所で、

パワハラ行為があったのではないかと、

言われています。

 

さて、その真偽はともかく、

今回の一番の問題点は、

トップが、対外的な行動を起こしていないこと。

 

この記事を書いている時点でも、

まだHP上での説明さえもありません。

 

パワハラの対策については、

厚労省の「明るい職場応援団」に対策法が書いてありますが、

特に大切なものは「トップのメッセージ」です。

 

トップがパワハラを撲滅するという姿勢を見せて初めて、

会社内の間違った常識が正されていきます。

 

そもそも、大企業はともかく、

中小企業においては、

パワハラは99%認知されています。

 

しかし、それを改善する風土がないため、

放置されているのです。

 

なでしこリーグ岡山湯郷では、

すぐに監督が解任され、

GMも辞任するという行動を取りました。

 

少なくともこれで、

選手たちは大きな安堵感に包まれたはずです。

 

トップがパワハラを黙認しないことを、

明確なメッセージで示したからです。

 

EXILE所属事務所LDHは、新入社員の募集をしていますが、

今のままで募集する人は少数でしょう。

 

パワハラを許さないという明確なメッセージがなければ、

従業員は安心して仕事をすることができません。

 

もちろん、真偽のほどはわかりません。

 

しかし、

少なくともパワハラは許さないというメッセージは

出してもよいのではないかと思います。

 

そうしなければ、

どのような会社であっても、

対外的な信頼を取り戻すことは

かなり難しくなるでしょう。

 

今回の元記事

 

 

http://japan-culture-labo.com/3429

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。