パワハラ被害を受けていることに、劣等感を持つ必要はない。

パワハラ被害を受けていると、

どうしても「自分が悪いのではないか」とおもいがちになります。

そう思う必要は全く必要ない、という話です。

 

【1】自分が悪いのではないか?

加害者が言ってくることは単純です。

「あなたが悪い。私は悪くない。」

これだけです。

幼稚ですよね。

 

あなたは、I’m not OK,you’re OK.(私が悪い。相手は悪くない。)

加害者は I’m OK,you’re not OK.(私が正しい。あなたが悪い。)

どう見たって、性格が悪いのは加害者ですよね。

 

 

【2】4人に1人が性格が悪いなんてありえない

これはインターネッと上のアンケート調査にすぎませんが、

過去3年以内にパワハラ被害を受けたことがあると答えた割合は、26%。

4人に1人がパワハラ被害者になってしまっていたそうです。

 

あなたの周りの4人に1人が、

何かしらのパワハラを受ける原因を持っているなんて、

私には思えません。

 

30人のクラスがあって、

そこにいる7,8人が、

いじめられる理由を持っているなんて、

普通は考えられない。

 

常識的に考えれば、

クラスに1、2人、

問題のある加害者がいるだけでしょう。

 

 

その1、2人が、被害者を増やしている。

それが現実的な理解ではありませんか?

 

 

実際、私のところに相談に来られる方の話を聞いていると、

そういう問題がある加害者は、

何人も追い込んでいたりします。

 

【3】劣等感を持っているのは、加害者側

なぜ加害者がそのような行動をとるのか、

そこを知る必要性はまったくありませんが、

嫉妬や劣等感が、他人を攻撃する理由となっている場合も多いです。

 

出る杭を打つ心理ですね。

カッコ悪いですね。

 

そういう人たちですので、

あなたが攻撃されているとしても、

何も恥ずかしく思う必要はありません。

 

むしろ、「小さい犬ほどよく吠える」と思ってもらえたら、

いいなと思います。

 

もちろん、思うだけでは解決はできませんので、

具体的に解決に動き出したい人は、

ぜひメルマガを見ていただきたいです。

 

下のほうにある青い画像をクリックしていただくと、

メルマガの説明ページに飛びますので、

一度、どのような内容なのかだけでも、観ていただきたらと思います。

 

 

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。