パワハラ被害者のための、副業・起業法がある。

パワハラを受け続けていて、

昔から独立起業を考えている人の中には、

これを機に起業に乗り出す人が多いです。

 

ただ、私はパワハラ被害者には、一般的な

副業・起業法では足りないと思っています。

 

パワハラ被害を受けているという、

特殊事情があるからです。

【1】パワハラ被害者向けの、副業・起業法

パワハラの被害を受けているということは、

次のような状況にあるということです。

  • 帰宅後も怒りや不安が生じて、冷静に考えることが難しい
  • 心身の回復に、時間がかかる。
  • いつまでパワハラに耐えられるかが分からない

これは言い換えれば、

副業・起業を行うには、

次のような条件を満たす必要があるということです。

  • 冷静に考えることができる心理状態を作ることができる。
  • 心身を速やかに回復することができる。
  • 短期間(6ヶ月程度)で、起業できる状態にする必要がある。

パワハラ被害を受けているときは、

頭が働きにくい状態にあります。

 

また、心身を回復することだけでも時間が必要であり、

なかなか副業・起業への行動に取り組むことができません。

 

しかし一方で、いつまで耐えられるかが分からず、

パワハラ被害者は、副業・起業に、

ゆっくりと時間をかけることができません。

 

私は、パワハラに耐えられる期間は、

通常は6ヶ月だと考えています。

 

言い換えれば、この期間内に、

会社を辞めることができる状況を

作られなければなりません。

 

【2】融資を受けている時間もない

パワハラからいち早く脱出したいときに、

融資を受けている時間も気力もないはずです。

 

また、起業を目的としていますから、

定期的な収入を得ることができるものであり、

かつ、高粗利なものでなければなりません。

 

そうなると、基本的には

インターネットで提供できる

専門サービス業となります。

 

【3】支援の専門家となる

私が、あなたにおすすめするのは、

支援の専門家となること。

 

パワハラを受けて人の痛みが分かるからこそ、

辛い人の状況が身に染みてわかるからこそ、

そのような人々を助ける仕事をしてほしいのです。

 

また、辛い出来事を体験していることは、

将来の依頼者の信頼や共感を得ることにも繋がります。

 

辛い出来事を経験した人にしか、できない仕事が

支援の専門家なのです。

 

【4 】支援の専門家になる方法

当然、支援の専門家となるには

さまざまな専門知識が必要となります。

 

しかし、これらを習得することは

それほど難しいものではありません。

 

人を助ける仕事をしたいと思っている人は、

基本的にこのような技術を自然と身に付けています。

たとえば、支援をするときに必要となる技術として

  • 相談者と心のつながりを作る技術
  • 相談者の目的を把握する技術
  • 相談者の現状を把握する技術
  • 相談者が望む支援を確認する技術
  • 相談者の思い込みを外す技術
  • 相談者の自信をつける技術

などがあります。

 

しかし、これは普通に人助けを行ってきた人なら、

誰でも自然とできることなのです。

あなたならきっとできるはずです。

 

【5】人を助ける専門家になってほしい

現在、支援の専門家として、

人を助けたいからではなく、

稼ぎたいだけの人々がどんどん入ってきています。

 

 

 

社会が少しでもよくなるようにと考えた人ではなくて、

取引としか思っていない人が、どんどん入ってきています。

 

だからこそ、あなたのような人に入ってきてほしいのです。

ちゃんと、心の交流ができる人でないと、

辛い状態にある人を助けるなんてできません。

 

あなたならきっとできますから、

ぜひ一度、人助けを仕事にすることを考えてください。

そして、今、あなたと同じように困っている人を、

ぜひ助けてあげてください。

 

〈追伸〉

今回の記事がもしあなたのお役に立ったなら、

 こちらのプログラムもきっとお役に立つはずです。

ぜひ一度、お目通しいただけたら嬉しいです。

 

【無料メルマガ】パワハラ被害者を助けたい!の購読申し込みはこちら

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: パワハラ脱出副業・起業 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。