「いい人」が潰される社会で、「いい人」が生き抜く方法

『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 』は、

 

性格のよい人が、生き抜くための本です。

 

もしあなたが、過去の職場でとてもうまく行っていたのに、

もしくはとても仲のよい友人がいるのに、

パワハラを受けているなら、

絶対に読んでおいてほしい本です。

 

【1】「与える人」は、奪われることがある

 

  • その人が、他の人に与える量
  • その人が、他の人から受け取る量

この2つの量の、不等号の関係によって、

人は3種類に分けることができます。

 

1 受け取る量よりも、与える量が大きい人「GIVER(与える人)」

2 受け取る量のほうが、与える量よりも大きい人「TAKER(受け取る人)」

3 受け取る量と、与える量が等しい人「MACHER(バランスを取る人)」

 

ギバー、テイカー、マッチャーは、その人の傾向です。

ギバーは、受け取る量よりも与える量を多くしようとする人、

テイカーは、受け取る量を与える量よりも多くしようとする人、

マッチャーは、受け取る量と与える量を等しくしようとする人、です。

 

この3つの種類の中で、

もっとも損をするのは当然、ギバーです。

 

なぜなら、テイカーにつかまってしまえば、

一方的に奪われるからです。

 

【2】ギバーは、もっとも得をする場合もある

一方で、ギバーは、もっとも得をすることがあります。

それは、自己利益の追求にも関心を高めたときです。

 

この場合、テイカーに一方的に奪われることもなく、

また、生産性も高くなり、給料も高くなるそうです。

 

では、自己利益の追及への関心を高めるとは、

どういうことを言うのでしょうか。

 

【3】自己利益を確保しつつ、他者に貢献する

自己利益の追求への関心というのは、

自分の利益についてもちゃんと関心を持つということです。

 

これは、他者への貢献を下げるという意味ではありません。

自分の利益を確保しつつも、

これまでどおり他者に貢献できる方法を探す、

ということです。

 

たとえば、次のような方法が勧められています。

  • まとめて「与える」。
  • 年間100時間以内で与える。
  • WIN-WINを考える。
  • テイカーへは、マッチャーとして振る舞う。

 

まとめて与えるというのは、細切れで与えるのではなくて、

貢献するための時間をまとめて取るということです。

 

助けを求められたときにすぐ反応するのではなく、

しっかりと時間をとってから対応するようにする。

こうすることで、自分の生産性を高めることができます。

 

また、他人への貢献についても、

年間100時間を超えると、幸福感は増えないことが分かっています。

ですから、100時間程度に収めるようにするのです。

 

これは1年間がおよそ50週ですから、

ボランティア活動は、

毎週2時間程度にするということです。

 

【4】WIN-WINを考える

これはギバーにとっては、必須の技術です。

 

ギバーは他者への貢献感が喜びですので、

つい他人に多くを与えたくなってしまいます。

 

そうすると、どうしても自己犠牲的になってしまうのです。

 

そのような状態から抜け出すには、

WIN-WINを考えるのが一番です。

 

つまり、これまで同様の貢献をしつつ、

自分の利益を確保する方法を探すこと。

 

【5】WIN-WINの考え方

WIN-WINの考え方については、

とても大切なところですから、

詳しく書いておきます。

 

基本的なステップは、次の3つです。

  1. 相手の意図を考える
  2. 自分の意図を考える
  3. 相手の意図と、自分の意図の共通点を探す

 

私の例で言えば、

まずは読者にとって役立つことを、

まずは徹底的に考えてみます。

 

その後、

その有益なことを提供しつつ、

私自身も利益を得られる方法を考えるのです。

 

まずは相手にとっての利益を徹底的に考える。

その後に、自分の利益を確保する。

 

もちろん、自分の利益を確保しきれないときは、

相手の利益をさらに考えてみるのです。

そうやって、ハッピーの総量を増やす方法を考えます。

 

この順番はきっと、あなたも得意な順番だと思います。

 

【6】テイカーから自分を守る

あなたがWIN-WINを望んでいても、

テイカーはすべてを奪おうとしてくるでしょう。

 

ですから、テイカーに対しては、

ある程度、冷静に対応する必要があります。

 

 

本では、マッチャーとして行動することが

推奨されています。

 

つまり、基本的には与える側でいるのだけれど、

あまりにも奪われたら、奪い返すようにする。

一定の距離感を保つようにするということですね。

 

また、この本には書かれていませんが、

一度誤解されるとそれを解くには、

圧倒的な証拠を示す必要があるとされています。

つまり、言葉でいくら弁明しても無駄だと言うことです。

 

これは言い換えれば、

テイカーと仲良くしようとしても、

まず難しいということです。

 

ですから、できるだけ離れるようにする。

離れられないときは、ときどき仕返すようにする。

これが一番だということです。

 

【7】「いい人」であってもOK

この本の一番のメッセージは、

いい人でも得する方法があるということ。

 

私があなたに伝えたいことも同じです。

いい人が損をすることが多いからといって、

いい人であることを止めないでください。

 

社会貢献しつつ、自分の利益を確保するのは可能です。

ですから、人の役に立ちつつ、自分を守る方法を考えて、

ぜひ実践していってください。

 

 

 

もし、一人では思いつかない場合や、

まずは辛い思いを何とかしたい場合は、

こちらのメルマガをご覧ください。

今回の記事がお役にたったなら、

きっとお役に立つはずです。

 

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法, パワハラ脱出副業・起業, 退職できないジレンマを解消する。 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。