パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

パワハラ脱出副業・起業 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

あなただから提供できる価値がある。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:2016年1月29日 更新日:

「パワハラ系有能上司」から追い込まれた 「なかなかヘビー」な被害体験とは
近年問題化することが増えてきている「パワハラ」。問題が表面化すればパワハラを起こした当事者が責められ……….≪続きを読む≫

ドラゴンクエストビルダーズというものが、

発売されました。

絶対に購入はしませんが、

YOUTUBEで実況を楽しみます。

【理論編】

 職場いじめ・パワハラ・モラハラなどで、

 一番大切なことは、安全基地を作ること。

 自分の心と身体を守る安全基地を、法律と心理学で作り、

 経済的な収入を守る安全基地を、副業や起業で作る。

 

 労働以外で収入を得る方法として、おすすめなのが、

 少し前から書いている、ネットオークションなどです。

 ただ、もちろん、これは継続的な収入にはなりません。

 ネットオークションなどを勧めるのは、

 労働以外で収入を得ることに、慣れるためです。

 儲かりますよという意味ではなくて、

 自分でお金を稼ぐということを、実感しやすくするためです。

 

 継続的な収入を得るには、

 バリュー・プロポジションという概念を、

 知っていることが大切です。

 これは「自社は提供できるが、他社には提供できない、顧客が求めている価値」のことです。

 たとえば私の場合、

「職場いじめ・パワハラ・モラハラなどで、会社を辞めたいと考えている方に、

 法律家として法律面での支援をし、かつ、プロコーチとしてメンタル面も支援しつつ、

 1年で年収を3000万円をアップさせ、自らも22歳で起業をした経験を活かして、

 継続的な収入を得る方法をお伝えすることで、

 安全に退職することを、最初から一貫してサポートする。」

 というコンセプトを、提供できる人は、かなり少ないはずです。

 カウンセラー、公的機関はメンタル面のサポートはできても、法律面、経済面のサポートができない。

 起業支援の人は、経済面のサポートはできても、法律面、心理面のサポートができない。

 法律家の人は、法律面のサポートはできても、心理面、経済面のサポートができない。

 ですから、上記のものが、私のバリュー・プロポジションとなります。
 
 

 このようなバリュー・プロポジションを持つことで、

 継続的な収入を得るための軸が生まれ、

 一貫した商品・サービスを考えられるようになるのです。

【実践編】

1 「あなたが提供できて、他社には提供できず、顧客が求めている価値」はなんでしょうか?

-パワハラ脱出副業・起業, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「have to(~しなければならない)」を排除すると、動き出せる。

会社を辞めたいのだけれど、 辞めるための準備をする時間を持てないとき、 もしくは、終業後に疲れすぎているとき、 あなたにしてほしいことがあります。   正確に言うと、止めてほしいことがありま …

no image

血圧を簡単に下げる方法【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

小学校のオープンスクールに行ってきました。 「起立!」「礼!」「着席!」がなくなっていたことが、 一番うれしいことでした。 古い軍隊式の方法では、 命令を忠実にこなす人は育っても、 自分で考えられる人 …

no image

パワハラを受けてパニックに陥ることは仕方ないから、冷静さを素早く取り戻す技術を身に付けておこう。

パワハラを受ければ、誰でも普通の心理状態ではいられません。 怒りや悔しさ、悲しさなど感情的になります。 「闘争・逃走」状態です。 血流も呼吸も早くなる、緊張状態になります。 思考力が低下して、ミスが多 …

no image

「普通」と「普通以下」【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

何をどう言っても人をイラつかせてしまう……どうすれば?人に何かを伝えるとき、こちらにそんな意図がなくても相手を不快にさせてしまうことがある。「教えて!go……….≪ …

no image

パワハラ加害者を、更生することはできるか。

パワハラは、理論上は、加害者が更生すれば終了するはずです。 しかし、現実問題として、パワハラ加害者を更生させることはできるのでしょうか。 先に結論を言えば、ほぼ不可能です。 パワハラ加害者は、そもそも …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。