パワハラ・職場モラハラから脱出する第一歩は、気付くこと

パワハラ・職場モラハラから脱出する第一歩は、

あなたが受けていることが、

パワハラ・職場モラハラだと気づくことです。

パワハラ・職場モラハラは、言葉としては社会的に広まってきました。

しかし、自分が被害を受けたとき、

それがパワハラ・職場モラハラであると気づかないものなのです。

【1】パワハラ・職場モラハラは、小さなことから始まる

 

パワハラ・職場モラハラは、

小さな攻撃の積み重ねです。

 

小さな攻撃を積み重ねることで、

大きな攻撃を形作っています。

 

ですから、その1つ1つの行動はとても小さなものです。

被害者としては、嫌な気持ちにはなりますが、

気にすることのものではないと、

思ってしまうものなのです。

 

【2】被害を受けていることに気づかない

1つ1つの攻撃は小さなものですから、

被害者は、被害を受けていることに気づきません。

 

むしろ、自分が加害者に対して、

何かしてしまったのだろうかと、

考えてしまいます。

 

加害者が、加害者の変質的な理由によって、

あなたを傷つけようとしているとは、

夢にも思いません。

 

あなたにとって相手の人は、

ただただ嫌な人であって、

まさかあなたを攻撃しようとしているとは

思わないのです。

 

【3】ダブルバインドであなたを追い込む

上司に対して、必要な指示を仰ぎたいけれども、

指示を仰ぐと溜息まじりに「自分で考えてください。」と言われることが続くと、

普通は、指示を仰ぐことが難しくなります。

 

そのように仕向けておいて、

あなたが自分で考えた行動を起こすと、

「自分一人でなんでも勝手に決めないでください。」と、

あなたを責めるのです。

 

そして、あなたは自分で考えた結果を、

上司に相談しにいくことになりますが、

そうすると今度は、

ため息交じりに「今、忙しいのがわかりませんか?」と言われます。

 

何をやっても、加害者はあなたを批判、避難するので、

あなたはどんどん身動きが取れなくなるのです。

 

【4】相談しても理解してもらえない

上記のことを、友人、家族に相談しても、

普通は理解してもらえません。

 

 

むしろ、あなたに責任があるかのように言われます。

 

ハラスメント相談室の相談員でさえも、

あなたにも責任があるという場合があります。

 

そうするとまた、自分が悪いのではないかと

思い込んでしまうのです。

 

【5】あなたに責任はあるかもしれないが・・・

あなたに責任がゼロだとは言い切れません。

 

すべての出来事は、

複数人の人々の言動の組み合わせです。

 

ですから、その意味で、あなたにも

何かしらの責任があるのでしょう。

 

もし、そのような部分があるのであれば、

あなたは自己改善をするようにしたほうがよいかもしれません。

 

しかし、それ以外の部分については、

完全に相手の責任だと思えばよいのです。

 

つまり、あなたは被害者であり、

相手は加害者であると気づいてほしいのです。

 

あなたが加害行為をしていないのに、

相手が加害行為をしてきているなら、

相手は純粋な加害者です。

 

ですから、あなたは被害者であると言ってよいのです。

 

まずは、自分が被害者ではないかどうか、

確認してみてください。

 

それで被害者だと気づいたら、

すぐに行動を起こしましょう。

 

気付いたときにすぐ行動を起こすことが、

ハラスメント対策には、一番重要なことですから。

 

【実践編】

1 『明るい職場応援団』で、パワハラに該当するかどうかをチェックしましょう。

 

2 パワハラに該当すると分かったら、さっそく対策を考えましょう。

もしよろしければ、下記のステップメールをご利用ください。

情報を体系的にまとめています。

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。