パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

本当に復讐がしたいのかを考える。【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

 パワハラ被害に合うと、

 

 復讐をしたいと考える人がいます。

 

 

 

 その気持ちは十分にわかります。

 

 パワハラや職場いじめで、

 

 加害者が処罰を受けることは、

 

 ほとんどありません。

 

 

 

 加害者は忘れて終わりですが、

 

 被害者は少なからずトラウマが残ります。

 

 ですから、復讐してやりたい気持ちはわかります。

 

 

 

 しかし、それが本当にやりたいことなのかどうか、です。

 

 たとえば上司を会社から追い出したとして、

 

 それが本当にあなたは幸せに感じるでしょうか。

 

 証拠を集めて、労基署に相談して、人権擁護委員会に相談して、

 

 など行政を使って、加害者に復讐することはできます。

 

 しかし、それが、あなたの将来に役立つでしょうか。

 

 

 

 何をするにしても、やりたいことかどうかは、ものすごく大切です。

 

 やりたいというのは、それを達成した状況をイメージするとウキウキすることです。

 

 上司を飛ばしたり、解雇させることを想像してウキウキ、ワクワクするなら、

 

 思いっきりやればいい。

 

 私は決して復讐を反対しているのではなくて、

 

 本当にしたいことに意識を向けたほうがよいということです。

 

 

 

 もし、本当に望んでいることが、

 

「こんな会社を辞めてやる!」なら、そこを目指しましょう。

 

 堂々と会社を辞めることができる状況を作ることを目指すのです。

 

 そうして会社を辞めたなら、

 

 あなたは自尊心を保ちつつ、

 

 パワハラから逃れることができ、

 

 自分の将来のゴールに一歩近づくこともできるかもしれません。

 

 

 

 パワハラという問題に、

 

 意識が向くのは仕方ないことです。

 

 しかし、できるかぎり、意識は「本当にしたいこと」に向けましょう。

 

 

 

 そのための詳しい方法について知りたい方は、

 

 下の大きな画像をクリックください。

 

 自分の心を守るための心理学的なマニュアルなども、

 

 期間限定で、一緒にダウンロードすることができます。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ事例に関する、他の方のアメブロ記事をシェア

私も、会社を辞める前に 「スタッフや、取引先の前で 辞める理由を説明しろ!」と、 言われたことがあります。 断りましたけれどね。   ちなみに、義務ないことをさせるは、 強要罪という犯罪です …

パワハラ被害を受けたときも、”動く人”が助かる。

クライアントだった人から本を紹介されて、読んでいます。 『状況認識力UPがあなたを守る ──元CAI捜査官が実践するトラブル回避術』という本です。   この中で、これはパワハラ被害者にとって …

no image

パワハラを放置する会社からは、今すぐ脱出しよう。

パワハラを受けて会社を辞めるのは、たしかに悔しい気持ちになるでしょう。 なぜ加害者が仕事を続けて、自分が辞めなければならないのかと、普通は思います。 しかし、そのような気持ちを持ちながら辞めて「辞めて …

no image

パワハラへ反撃するときに、覚悟するべきこと

パワハラに反撃をするときは、あることを覚悟しなければなりません。 それは、「加害者からの報復を受けること」です。 加害者は、ほぼ間違いなく報復をしてきます。 自分の行為をパワハラだと認めて反省し、謝罪 …

no image

加害者は「ハラスメント」を知らないはずがなかった。その上で、「パワハラ・セクハラには当たらない」と言った。

三重県松阪市職員が、 ハラスメント行為で処分を受けました。   しかし、《市は関係者から話を聞き取った上で処分を決めたが、 課長級職員は「パワハラ、セクハラには当たらない」として、 不適切な …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。