パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ・職場モラハラを受けて、再就職したくない。それなら・・・

投稿日:2017年1月24日 更新日:

パワハラ・職場モラハラ被害を受けた。

それによって退職をした。

 

そのような人の中には、

会社に行くこと自体を、

”できなく”なる人が大勢います。

 

少し前ならカウンセリングでも受けて、

また会社へと復帰したのでしょう。

 

しかし、それをする必要はあるでしょうか。

今はお金を掛けずに独立・起業ができる時代なのです。

 

【1】いずれにしても、副業は必須の時代

ご存知のとおり、政府も、

副業・兼業を

原則認めるようにとの方向性です。

 

おそらくですが、そもそも政府が

原則として副業・兼業を認めるのは、

自分の生活について国に頼るなということでしょう。

 

つまり、副業・兼業ができる状態にしておくことは、

これからの社会においては必須だということです。

 

【2】ボランティアから始めれればいい。

しかし、お金を直接もらうことに対して、

罪悪感を持つ人も多いのは、たしかです。

 

そこで、まずは、ボランティアから始めましょう。

つまりは、無償でのサービス提供です。

 

無償でサービスを提供するのは、

さまざまな問題もあるのですが、

さまざまなメリットもあります。

 

一番のメリットは、ニーズの把握がしやすいことです。

 

【3】誰の役に立ちたいか

副業・起業を考えたときに、

最初に行うべきは、

誰の役に立ちたいのかを考えることです。

 

もちろん、サービスから先に考えてもよいのですが、

そもそもサービスが手元にない状態ですから、

「誰の役に立ちたいか」から考えると早いのです。

 

 

私は、「いい人」で損をしている人の

役に立ちたいと思っています。

 

【4】どのような悩みを持っているか

誰に貢献したいかを決めたら、

その人たちが、

どのような悩み・困りごとを持っているかを

調べてみましょう。

 

そして、その人たちの悩みを解決するために、

 

あなたができることを、

考えてみましょう。

 

【5】バリュー・プロポジションの大切さ

しかし、それだけでは足りません。

 

あなたが、

顧客の悩み・困りごとを解決できるとしても、

あなたに依頼する理由にはならないからです。

 

あなたが、競合他社には提供できない価値を

持っている必要があります。

 

つまり、次の3つが必要なのです。

  1. あなたに提供できる価値、
  2. 顧客が望んでいる価値、
  3. 競合他社に提供できない価値

これは、バリュー・プロポジションと呼ばれるものです。

私が特に大切にしているものの1つです。

 

【6】自信をなくしそうになるのが普通

このように話すと、

「私には無理だ!」と思われる方が多いのですが、

 

 

それほど難しいものではありません。

 

あなたがしてきたことの中で、

一般的にはしていることが少ないものであり、

それが役に立てばよいのです。

 

 

たとえばですが、

あなたがこれまで読書が好きで、

今も読書をする人だったら、

読書で得た知識を、

その人たち向けに書けばいい。

 

実際に、そうやって収益を上げているブロガーが

クライアントの中にいます。

 

新しいことを始めようとすれば、

自分にはできないと恐怖が湧くのが当然です。

 

【実践編】

1 誰に役に立ちたいかを決めましょう。

2 その人たちが抱える悩み・困りごとを探しましょう。

3 あなたが今までしてきたことで、社会的にはマイナーなものを探しましょう。

4 あなただけが提供できるものを探しましょう。

5 競合他社が提供できる価値を探しましょう。

パワハラ・職場いじめを脱出する『副業・起業プログラム』
三國 雅洋(行政書士・コーチ),パワハラ・職場いじめは、命に関わる事案です。 
パワハラは発覚した時点で、すでに緊急事態ですから、
一刻も早く、手を打たなくてはなりません。
 
そのような中で、パワハラ職場か…

24

実践!パワハラ・職場いじめを脱出する『副業・起業プログラム』
三國 雅洋(行政書士・コーチ),このプログラムのゴールは、
6ヶ月間で、独立起業できる状態を作ることです。
 
具体的に、あなたは6ヶ月後には・・・
バリュー・プロポジション(あなただけが社会に提供でき…

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【雑記】空気を動かす方法論-《プロセスを細かく共有する》

集客のうまい人のSNSを見ていると、本当にまめにお知らせしていることに気づく。いきなり告知せずに、告知の予告を経ての告知が多い。このあと◯時にお知らせします、もうすぐです、→はい、告知ー!と。プロセス …

no image

パワハラを受けている現状に、自己評価を合わせることは不要!

パワハラを受けると、 「自分が悪いのではないか?」、「自分の性格が悪いのではないか」と、 おもいがちです。 しかし、そのように考える必要は全くありません。 むしろ、現状にセルフイメージを合わせてはいけ …

no image

パワハラを受けた場合は、安全配慮義務違反として、会社に直接、損賠賠償請求ができる。

パワハラを受けた被害者は、会社に対して損害賠償を請求できます。 この場合の法的根拠は、2つあります。 1つは使用者責任、もう1つは債務不履行責任です。 パワハラにおいて、大切となるのは債務不履行責任で …

no image

法律を知ることで、国家権力を味方にすることができる。

パワハラから脱出するためには、 法律を知ることが大切です。   それは、法律を知ることで、 国家権力を味方にする方法が分かるからです。 Rusty Clark via Compfight 【 …

no image

パワハラに負けないためには、被害メモとICレコーダーの録音が必要。

パワハラ被害に遭っているとき、必ず集めてほしい証拠が2種類あります。 被害メモ ボイスレコーダー この2つです。   torbakhopper via Compfight 【1】被害メモが必 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。