パワハラから脱出するためにやるべき、2つのこと。

パワハラから脱出したいとき、

ほぼ必ず必要となるのが、証拠と仲間です。

 

もちろん、転職や独立できる状態であれば、

証拠も仲間も必要ないでしょう。

 

しかし、それら以外の方法で解決したい場合は、

ほぼ必要となります。

i don't belong to your family, but here i am : scott richardCreative Commons License torbakhopper via Compfight

【1】証拠がなければ、相談機関は動かない

ほぼすべての相談機関は、基本的に中立の立場です。

 

組織内のハラスメント対策室であっても、

基本的には証拠がなければ、動きません。

 

 

そして、動いたとしても、

加害者側が、自己の行為をパワハラだと認めることは、

まずありません。

 

そして、周囲の人も、自己保身のために、

表立っては証言はしてくれません。

 

証拠があるからこそ、

あなたの主張が事実であり、

加害者側の主張が言い訳に過ぎないと、

伝えられるのです。

 

【2】仲間がいなければ、動き続けられない。

パワハラ被害者は、孤立させられます。

加害者によって、そのように誘導されるのです。

 

被害者にとって孤立するというのは、

加害者が増えていくのと変わりありません。

自分がどんどん、身動きが取れない状況に追い込まれます。

 

そして、孤立した状況で、動き続けられる人は

ほとんどいません。

 

仲間を作ることは、動き続けるためにも必要です。

 

【3】仲間を作るために、自己開示をする

仲間を作るために必要となるのが、自己開示です。

 

悩みを相談する必要はありません。

しかし、仲間になってほしい人には、

あなたがパワハラ行為を受けて悩んでいることを、

開示しておきましょう。

 

どのような言動を受けて、

どのような気持ちになっているかを

伝えておくのです。

 

自己開示によって、

あなたと相手の間には、心のつながりができます。

その心のつながりがあることによって、

相手はあなたの味方になってくれるのです。

 

【4】証拠と仲間を集めよう。

パワハラ行為をストップさせたり、

パワハラ加害者に損害賠償請求をしたり、

組織に対して損害賠償請求をしたりしたとき、

必要となるのが仲間と証拠です。

 

あなたをサポートしてくれる人がいるからこそ、

あなたは証拠を集め続けることができるのです。

 

そして、証拠を集め続けられるからこそ、

いつか反撃ができると思えるのです。

 

証拠と味方を集めましょう。

諦めないでくださいね。

 


【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。