パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

社会貢献マーケティング

「未熟な私が、プロと称してもよいのか」論について

投稿日:2017年3月8日 更新日:

独立・起業に向けて動き始めると、疑問が出てきます。

「未熟な私が、報酬をいただいてもよいのか」、もしくは「未熟な私が、プロと称してもよいのか」という疑問です。

これは、実は同じ問題です。実務上、プロというのは「価値提供の対価を得ることを公言して、はばからない人」だからです。

極論を言えば、技術の有無は関係がありません。それは覚悟の問題であり、責任の問題です。

analog single-lens reflex cameraCreative Commons License Markus Spiske via Compfight

【1】技術的に未熟でもよいのか

「自分の技術は未熟だが、報酬を得ても良いのか。」

この疑問が出てきたということは、独立・起業を現実問題として捉えはじめたということです。

ですから、喜ばしいことです。

 

でも、これは逆です。

未熟だからこそ、対価を得るべきなのです。

技術は、対価を得るからこそ、向上します。

無償でどれだけ技術提供をしても、技術の向上には限界があります。

 

私は22歳の開業当時、依頼が入るたびに吐き気を感じながら仕事をしていました。

 

それぐらいのプレッシャーを感じながら、仕事をしていました。

これは自営業者なら、多くの人が経験していることではないでしょうか。

 

無償なら、こんなプレッシャーはありません。

ですから、技術の向上には限界があるのです。

 

どれだけ仮免で教習所内をうまく走れても、一般道に出ないと技術の向上はありません。

未熟なら対価を得るべきなのです。

(もちろん、自分の技術向上のために顧客を取るのは、ダメに決まっています。責任を持って価値提供をする覚悟を決めろと言う意味です。)

 

【2】「プロ」と称することの意味

では、未熟だから対価を得るべきだとしても、プロと名乗るべきなのでしょうか。

私は、これは同じことだと思っています。

 

ちなみに、報酬を得るかどうかは、プロの基準にはしていません。

私にとってプロとは「価値提供の対価として報酬を得ると、公言して憚らない人」のことです。

私のサービスは有料だと公言できる人が、プロだということです。

 

実際に、報酬を得ているかどうかは関係ありません。

「私のサービスは有償である」と公言している人がプロです。

 

ですからもちろん、通常、対価を得てプロダクトを提供する人はプロです。

ですが、対価を得ていなくても、自分のサービスは有償だと公言したらプロなのです。

 

プロでも自分のサービスを無償で提供することはあります。

ですが、本来は有償であると公言しています。

「本来は無償ですがお気持ちがほしい」ではありません。

「本来は当然に有償ですが、今回は無償です」がプロです。

 

本来は有償であると公言することが、専門家としての最低限の責任の示し方です。

言い換えれば、プロだと称することがプロのスタートラインです。

 

逆に言えば、それさえもできない人はアマチュアです。

 

【3】「有償である」と公言することが、覚悟を示す

最終的には、プロかどうかを決めるのは覚悟です。

なぜなら、名乗るかどうか、だからです。

 

「自分の提供するプロダクトには、対価を払う価値があります」と公言できるかどうか。

それは言い換えれば、責任を取る覚悟があるかどうかです。

 

未熟だから対価を得てはならない、プロと称してはならないと決めることで、誰をまもろうとしているのでしょうか。

それは顧客ではないはずです。

 

もし本当に、顧客のために有償でするべきでないと思っているなら、そのレベルのサービス提供はするべきではありません。

無償だから責任を持たなくてよいということにはならないのです。

どんなサービスを提供してもよいということには、なりません。

 

まずは、あなたが自分の技術にどれだけ自信がなくても、まずは自分のサービスは有償であると公言するところから始めましょう。

それがプロとしてのスタートであり、かつ、プロとしての責任のスタートです。

それが自己の責任感の表明であり、覚悟の表明です。

 

自分の提供する価値は有償であると公言する、覚悟を持ちましょう。

 

-社会貢献マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「ターゲット」なんて想定するな。【人の役に立つためのマーケティング】

【理論編】  もしあなたが退職を考えていて、  副業を考えているなら、  マーケティングは必須だと思います。  しかし、マーケティング用語に、  苦しめられないように、  気をつけていただきたいと思い …

no image

あなたの活動を、無理なく、もっと多くの人に知ってもらうコツ

あなたがどれだけ、 顧客にとって有益なことを情報発信していても、 それだけでは顧客には届きません。   あなたが発信した情報を、受け取ってもらう必要があるのです。 受けとられない情報は、顧客 …

no image

パワハラ被害経験を、副業・起業に活かすことができる。

パワハラの被害は、決して嬉しいものではありません。 受けなくても済むなら、受けないほうがよいに決まっています。 しかし、その被害経験を、副業・起業に活用することはできます。 被害経験を最大限に活用する …

no image

無理な売り込みは、人の役に立たない。

私は、定期的に「子ども食堂」というものに参加しています。 もともとは、子どもとつながりが持てたらと思っていただけです。 「子ども食堂」というものは、社会的にも意義ある活動だと思っています。 しかし、意 …

no image

よいものを勧める覚悟を持つ。【人の役に立つためのマーケティング】

予想以上に、 人の役に立つためのマーケティングの話が好評です。 うれしくなって、また書くことにしました。 今回は、価値観の押しつけに関係する話です。 【理論編】  コーチングを受けると、頭がスッキリし …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。