パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

パワハラ脱出副業・起業 社会貢献マーケティング

【副業・起業】情報発信に掛かる手間を減らすことが、情報発信量の増大につながる。(Open Live Writerで、WordPressを更新する)

投稿日:

情報発信量を増やしたいときに、しておいた方がよいことの1つが「手間を減らすこと」です。

たとえば、WordPressでブログを書く場合、まずWordPressの管理画面にログインし、記事作成画面を開く必要があります。この手間は、記事を書くたびに生じうるものです。

ですから、この手間を少し簡略化するだけで、大きな時間と労力の節約になります。

そして、それが情報発信量の増大につながるのです。

【1】WordPressをオフラインで更新するフリーソフト

以前にインタビューをさせていただいたnavatarさんのブログ『日本人のための脱・奴隷ライフ!』で、Open Live Writerというソフトが紹介されていました。WordPressでのブログ更新を、オフラインでできるソフトとのことです。

http://de-slave.blog.jp/archives/15811191.html

image

Open Live Writerについて調べてみると、評判もよくインストールも簡単そうです。

http://gigazine.net/news/20151210-open-live-writer/

image

【2】想像以上に使い勝手がよい

実際に使ってみると、想像以上に使い勝手がよいです。

ソフト自体も軽いので、サクサクと立ち上がります。

文章を書くときの違和感もありません。同じように文章を書くことができます。

文章ができたら、Publishボタンを押すだけです。すると、自動的に記事が投稿されます。

image

また、記事を投稿したブログを、自動的に表示させることもできますので、すぐに表示画面をチェックできます。

カテゴリーや、タグも簡単につけられます。

記事の修正、訂正もオフラインでできます。

【3】接続の待ち時間は大きい

Open Live Writerを使ってみて、接続待ちの時間がいかに大きいかを感じました。

WordPressはネット接続し、そこでブログを書きます。

ネット接続し、ログインし、記事作成画面を出す、そのたびにネットでのデータやり取りがあります。この時間が、想像以上に長いものだと気づきました。

情報発信をこまめに行いたい人は、この接続の待ち時間を減らす工夫がそのまま、情報発信量が直結するでしょう。

WordPressで大量の情報発信を行う予定の人は、Open Live Writerはお勧めです。

インストールも難しくはありませんので、ぜひ試していただけたらと思います。

-パワハラ脱出副業・起業, 社会貢献マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

辛い体験が、あなたの強みとなる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

私は、パワハラ・職場いじめ被害者に対して、 カウンセラー・コーチとしての副業をお勧めしています。 これにはいくつかの理由があります。 コーチ・カウンセラーとしての、 強みを明確にしやすいことが、その1 …

no image

サポーターになってもらうことだけを目指す【人に役立つマーケティング】

あなたのバリュー・プロポジションがどれほど素晴らしくても、 顧客があなたを信じてくれなければ、 あなたの製品・サービスを購入したいとは思いません。   信頼を得る必要があるのです。 &nbs …

no image

「いい人」が潰される社会で、「いい人」が生き抜く方法

『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 』は、   性格のよい人が、生き抜くための本です。   もしあなたが、過去の職場でとてもうまく行っていたのに、 もし …

no image

クライアントの商品を設計する。【人の役に立つためのマーケティング】

 クライアントの根本問題を探り、  解決策の方向性を示して、  次に解決策を実行した場合をシュミレーションしたら、  商品設計に入ります。    商品設計というのは、  クライアントを現状から未来へと …

no image

【社会貢献マーケティング】ゴールとプロセスを共有する

@midna_nicotube さんの動画を観ると、ゲームなのに勇気が湧いてくる。 私が最初に観たときは登録者が500人ほどだったので、やはりこの動画に勇気づけられる人が多いのだと勝手に判断しています …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。