能力否定は、「精神的な攻撃」に該当するパワハラ

「無能」、「仕事ができない」など能力否定は、「精神的な攻撃」という類型のパワハラです。

厚生労働省は、パワハラについての定義を出すとともに、パワハラの類型を出しています。

その中で、「精神的な攻撃」の類型は、原則としてパワハラに該当するものとされています。

Latency (lock)Creative Commons License brett jordan via Compfight

【1】「精神的な攻撃」とは何か

厚生労働省は、パワハラを次のように定義しています。

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/definition/about

逆に言えば、この定義に該当する行為は、すべてパワハラと言ってよいのです。

 

しかし、この定義だけではわかりにくいため、6つの類型を出しています。

パワハラに該当する可能性が高い行為の6つの類型です。

その中の1つが「精神的な攻撃」です。

「やめてしまえ」などの社員としての地位を脅かす言葉、「おまえは小学生並みだな」「無能」などの侮辱、名誉棄損に当たる言葉、「バカ」「アホ」といったひどい暴言は、業務の指示の中で言われたとしても、業務を遂行するのに必要な言葉とは通常考えられません。
このため、こうした暴言による精神的な攻撃は、原則として業務の適正な範囲を超えてパワハラに当たると考えられます。

https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/pawahara-six-types/type2

【2】能力否定は、精神的な攻撃に該当する

上記の引用部分にあるとおり、能力否定は「精神的な攻撃」に該当します。

そして、念のため定義にさかのぼって考えても、業務の適正な範囲を超えて、精神的苦痛を与え、または職場環境を悪化させる行為と言えますので、パワハラと言えます。

また、会社は、労働契約法第5条で明記されているとおり、安全配慮義務を負います。

労働契約法

(労働者の安全への配慮)
第五条  使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

ですので、会社はパワハラ行為がある場合は、必要な配慮をしなければなりません。

もちろん、必要な配慮をしなくても刑事罰があるわけではありませんが、配慮をせずに労働者に損害が生じた場合は、損害賠償責任を負うことになります。

 

【3】会社が動いてくれないときは、労働局に助言・指導を求めることができる

会社には安全配慮義務がありますので、能力否定というパワハラ行為が行われている場合、会社はそれを防止する義務を負います。

ですが、それに対して何も対処をしない場合があります。

その場合は、労働局に相談をしましょう。助言・指導を求めることが可能です。

 

ですが、実際に労働局に相談に行ける人は、かなりの少数派です。

労働局への相談は、リスクゼロでできますが、実際に相談に行ける人はほとんどいません。

上司にパワハラについて相談できる人も、ほとんどいません。

それは、やはり加害者からの報復が怖いからです。

 

【4】パワハラに負けないために必要なもの

パワハラに負けないために、つぶされないために、大切なものがあります。

それは、メンタルコントロールの技術です。

 

パワハラは、受けた人にとっては屈辱的なものです。

自分は悪くないと思っていても、恥の意識を受けつけれられます。

同時に、パワハラ加害者は、恐怖によって、あなたを支配してきます。

あなたに対する精神的な攻撃を繰り返すことで、あなたの抵抗を抑えつけます。

 

 

加害者は、精神的にあなたを支配するのです。

 

しかし、それはもちろん心理的な束縛であって、物理的な束縛ではありません。

しかも、法的にはあなたが圧倒的に有利な立場であり、加害者は圧倒的な不利な立場にあるのです。

精神的な支配から脱出することさえでき、相手に対して徹底抗戦ができれば、パワハラからも脱出できるのです。

 

【5】精神的に加害者を圧倒する

加害者からの精神的な支配から脱出するために必要なことは、精神的に加害者を圧倒することです。

 

「自分が圧倒的に上であり、加害者が圧倒的に下である」という感覚を持つことです。

 

私は、パワハラを受けていたとき、いつも「この人は、なんで勘違いしているのだろう」と本気で思っていました。

「私が辞めたら、困るのはあなただよ」と本気で思っていました。

「いつでも辞めてやるよ」と思っていたので、恐怖を感じる理由がないのです。

ですから、パワハラ行為に対しては徹底抗戦していました。

 

【6】加害者を圧倒するメンタルの作り方

では、どうやったらそのようなメンタルを持つことができるか、という話になります。

これは、私がたまたまカウンセリングとコーチングを学んでいたのが、影響しました。

私は、もともとプロ家庭教師でしたので、指導のための技法をさまざま学んでいました。

その中で、カウンセリングとコーチングの技術も身に付けていました。

 

ですので、自分に対してのセルフ・コーチングもできたのです。

 

コーチングですることはたった1つだとされます。

エフィカシーを上げることです。

エフィカシーとは、「自己のゴール達成能力の自己評価」と定義されます。

つまり、「自分には、ゴールを達成する能力がある」と確信できる度合いのことです。

 

自分なら独立・起業できると思っているのに、パワハラを受け続けて我慢する理由などありません。

だから、加害者に対しても徹底抗戦できますし、自分が正しいと思うことを主張できます。

 

ですから、パワハラに負けないメンタルを作るのに一番簡単な方法は、「会社を辞めたとしてもなんとでもなる」という自信をつけることです。

そのようなメンタルを作るのに、一番簡単な方法はコーチングを受けることです。

 

ですが、コーチングというものは、まだまだ一般には普及していません。

ですから、もしコーチングに不信感があるなら、コーチングを受ける必要はありません。

 

その代り、転職か、独立・起業に向けて行動を起こしましょう。

「私は辞めても、何も困らない」という状況を作ることさえできれば、パワハラ被害を受け続ける必要はまったくなくなります。

そのような状況を作ることで、自然と自信がつくのです。

 

いずれにしても大切なことは、加害者の精神的な支配から脱出することであり、それは結局はあなたが圧倒的な自信をつけることです。

ですから、自信を徹底的に高めましょう。

行動に起こせない理由は、自信が足りないからです。

ですから、行動を起こせないときこそ、自分を徹底的に高く評価し続けましょう。

自信がつけば、自然と行動を起こせるようになります。

そのとき、あなたは加害者に対しても、冷静に、かつ精神的に優位にたって、反撃をすることができるようになっているはずです。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。