パワハラ加害者の心理とは?

パワハラ加害者は、なぜあなたを攻撃するのでしょうか。

それは、「快適領域」というもので説明ができます。

 

【1】快適領域とは?

「快適領域」は、コーチング用語です。

ホメオスタシスのフィードバックによって維持される空間のことを言います。

 

人は、ぞれぞれ「快適領域」を持っています。

そして、その快適領域から出ると、自然と元に戻ろうとするのです。

あなたが「寒い」と感じているなら、エアコンをつけるなどして温めようとするでしょう。

あなたがパワハラを受け始めたばかりなら、何とか脱出しようとするでしょう。

快適領域は、あなたにとっての「普通」です。

その「普通」を取り戻そうとする力が、ホメオスタシスです。

そして、ホメオスタシスのフィードバックによって、あなたにもたらされるのが「快適領域」と言えます。

 

【2】「快適領域」と、加害行為の関係

加害者は、なぜあなたに加害行為をしてくるのでしょうか。

それにはさまざまな理由がありますが、「快適領域」の概念を使うことでシンプルな説明ができます。

 

つまり、加害者は自分の「快適領域」に戻ろうとしているからこそ、あなたに攻撃をするのです。

言いかえれば、あなたが加害者の快適領域を乱す存在だからこそ、排除しようとするのです。

あなたを排除することによって、自分の「快適領域」を取り戻そうとしているのです。

 

【3】加害者は、マナーを守れない未熟な人

私達は、生活を送る上で、互いの快適領域を侵害しています。

しかし、通常は、理性的に振る舞うことで、互いが快適領域に留まれるようにしています。

それが社会でマナーと呼ばれるものです。

 

互いが不快にならないように、互いに理性的に考えて行動を行う。

加害者はそれさえできていない、人間的に未熟な人と言わざるを得ません。

ですから、あなたが「自分が悪いのではないか」と思う必要は全くないのです。

 

【4】加害者は、あなたの「快適領域」を狭めようとする

加害者は、あなたの「快適領域」を狭めようとします。

つまり、あなたにとってパワハラを受けている状態を「普通」にしようとします。

もしくは、会社を辞めることが「普通」であるようにします。

自分が快適でいるために、あなたの快適を奪おうとするのです。

 

加害者は、あなたに、「お前にはこれがふさわしい」と低い評価を突き付けてきます。

それによって、あなたの快適領域を減らし、引き下げようとするのです。

 

ですから、あなたが最低限するべきことは、あなたの快適領域を守ることとなります。

つまり、あなたの「普通」を引き下げずにいることです。

加害者がどのような言動をしてきても、加害者の言動を心の中では、はねのけること。

 

それは簡単なことではありません。

しかし、それを実現するためのものが、コーチングです。

ですから、もしあなたが加害者に打ち勝ちたいなら、ぜひコーチングを受けてください。

カウンセリングを受けるだけでは、攻撃をはねのける力は身につきません。

 

セルフ・コーチングをぜひ学んでいただくか、コーチの指導のもと、パワハラに対抗していきましょう。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。