パワハラ解決の方法がないのではなく、心理的に実行ができないだけ

パワハラ解決の方法は、たくさんあります。

あなたが達成したい目的と、あなたが置かれた状況を踏まえれば、方法は見つかるものです。

誰でも今すぐ実行できるものとしては、次のようなものがあります。

  • 被害メモを取る。
  • ボイスレコーダーで録音する。
  • ハラスメント相談室に相談する。
  • 労働局に相談する。
  • 人権擁護委員会に相談をする。

もちろん、上記のようなことはすでに実行済みで、それでも状況が改善していないのかもしれません。

その場合は、次のような行動が可能です。

  • 内容証明郵便で加害者個人に対して警告をする。
  • 民事調停を申し立てる。
  • 刑事告訴をする。
  • 訴訟を起こす。

もちろん、このような法的手段に訴えるとなれば、会社内で冷遇されるかもしれません。

そのため、転職活動は必要となるかもしれません。

 

では、次のような心理的な対処は、どうでしょうか。

  • 加害者が怒鳴ったり、暴言を吐いたり、悪口や陰口を言ったら、その場でメモを取る。
  • 加害者のパワハラ行為に対して毎回、「今のはどういう意味(意図)ですか」と、その言動の意味・意図を確認する。
  • 加害者の言いがかりに対しては、必ず冷静に反論をする。
  • 加害行為は、すべてハラスメント対策室など対応部署に毎回報告を上げる。

いずれも適法行為であり、かつ、加害者が嫌がる行為です。

 

さまざまな方法があるのですが、多くの場合、それを実行に移すことができません。

それは、心理的な障害があるためです。

 

ですから、状況を改善するのに最も重要なことは、心理的な障害を取り除くこととなります。

方法はあるのですが、実行できないだけですから、実行できるようにすればよいのです。

それは結局のところ、リスクと恐怖のコントロールというところに落ち着きます。

 

このリスクと恐怖のコントロールは、コーチングが得意とするところです。

ですから、もしあなたが身動きが取れない状況でしたら、ぜひ一度コーチングを受けてみてください。

きっと、あなたが今までできなかったことが、着実にできるようになっていくと思います。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。