パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

加害者に何を言われても、あなたには関係がない

投稿日:2016年8月11日 更新日:

パワハラの加害者は、

あなたにいろんなことを言ってきますよね。

 

気にするなと言われても、

気になるのは当然です。

 

気になるのは仕方ないことですが、

他人の言動を受け入れる必要はまったくないことだけは、

覚えておいてください。

 

【1】自己評価は他者からの評価とは無関係

価値や重要性は、目的によって定まります。

 

あなたが異性にモテたいと思ったら、服装の重要性は上がりますよね。

でも、どうでもいい相手には、服選びに時間はかけませんよね。

目的があるからこそ、服1つの重要性が上がるのです。

 

では、あなたにとって、

他人からの評価は、重要なものなのでしょうか?

 

【2】あなたの目的は何か?

あなたは、加害者に好かれたいですか?

本当に?

あなたに偏見を持って、社会人なのに嫌がらせをしてくる人に、

あなたは好かれたいですか?

 

私は、そんな人達は、こっちから願い下げです。

どちらかと言うと、近づかないでほしいぐらいです。

 

だったら、その人たちの言動って、

それほど重要でしょうか?

その人たちからの評価を、気にする必要ってあるでしょうか?

 

【3】生物として気になるのは仕方がない

人間は、他人の悪意や敵意に対して、

敏感に反応する生物です。

 

心理学実験でも、悪意や敵意に対して、

敏感に反応することが分かっています。

 

ですから、パワハラ・職場いじめ・嫌がらせを受けて、

それが気になるのは仕方がありません。

 

でも、その人たちの言動を取り入れる必要は

まったくありません。

「バカが何か言ってるな」と思うぐらいで、いいんです。

 

【4】あなたの価値は、あなたにしか決められない

では、あなたの価値は、どうやって決めたらよいのでしょうか?

それは簡単で、あなたが決めればよいんです。

価値は目的によって定まりますね。

 

そして、あなたにしか、あなたの目的やゴールはわかりません。

 

 

 

では、誰があなたの価値を決められるのでしょうか?

 

当然ですが、あなたのゴールを知っている人、

つまり、あなたしかいません。

 

自分で決めるしかないし、自分で決めればよいんです。

あなたが自分は最高だと決めれば、最高なんです。

最低だと思えば、最低でいいんです。

どっちもあなたが決めることであって、

周囲が決めることではないんです。

 

他人の言動が気になるのは仕方ないことですが、

それを受け入れる必要性なんてまったくありません。

 

だから、自分で自分を評価しましょう。

そしてできれば、ご自身を高く評価してほしいなと、

私は思っています。

 

 

20160804

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラに対して「被害メモ」が大切な2つの理由

私はパワハラ被害者には、とりあえず被害メモをとってほしいとお願いしています。 そしてできれば、その場ですぐにメモ帳を取り出して、すぐにメモを取ってほしいと思っています。 被害メモは次の2つの効果がある …

no image

「お前」呼ばわりはパワハラか?法律上の定義に従って、専門家が解説。

「お前」と呼ぶことは、パワハラに当たるでしょうか。 法律上の定義に従って、考えてみましょう。 【1】法律上の定義 2019年5月29日『女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法 …

no image

パワハラの解決に向けて、日記をつけたり、相談することは決して無駄にはならない。

パワハラ解決に向けたどれだけ小さな一歩も、決して無駄にはなりません。 被害メモを取り、友人・同僚に相談しましょう。専門機関に匿名で電話相談をしてみましょう。パワハラの録音・録画を試みましょう。 パワハ …

no image

段階に応じて、必要な援助は変わる。【職場いじめ・パワハラを克服する。】

 一言にパワハラ上司・職場いじめからの脱出と言っても、    段階に応じて必要な援助は変わります。        まず最初に必要となるのは、    心理面でのサポートです …

no image

パワハラ加害者に対する怒りを行動に結びつけられたら、とてもいい。

パワハラ被害に遭ったとき、加害者に対して怒りを持つのは自然なことです。「許せない」と思うのが自然であって、「許してあげよう」と思うほうが不自然です。 加害者を許す必要なんてないんです。むしろ、報いを受 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。