パワハラへの仕返しに、加害者が過剰反応したら、よい兆候

あなたがパワハラの加害者に対して対抗をしたとき、加害者が過剰反応を見せたら、よい兆候です。

それは、加害者が、あなたの対抗に脅威を感じている証拠だからです。

 

あなたの対抗を放置すると、自分の身が危ないと思うからこそ、過剰反応をします。

あなたを支配下に置けなくなると思うから、過剰反応をするのです。

 

加害者が、過剰反応をしたら喜びましょう。

反論、反撃を続けることで、あなたに対する加害行為はなくなります。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。