パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

「無視」というパワハラの証拠の集め方:証拠作成の専門家行政書士が解説

投稿日:2017年4月5日 更新日:

「無視」は「人間関係からの切り離し」という類型の、パワハラに該当します。

しかし、「無視している証拠」を集めるのは簡単ではないため、悩む人が多いのです。

今回の記事では、どうすれば無視というパワハラの証拠を集められるかについて書いていきます。

【1】無視もパワハラに該当する

厚労省が出しているパワハラの6類型の中の1つに、「人間関係からの切り離し」というものがあります。

これは簡単に言えば、被害者を孤立させることです。

一人だけ別室に席を離される、職場の全員が呼ばれている忘年会や送別会にわざと呼ばれていない、話しかけても無視される、すぐそばにいるのに連絡が他の人を介して行われる。このようなことが、職場の上司や先輩、古くから勤めている社員など、職場内での優位な立場を使って行われるとパワハラに該当します。

https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/pawahara-six-types/type3

「上司から無視される」というご相談は、後を絶ちません。

それほど、よくあるパワハラ行為なのです。

ですので今回は、上司から無視される場合の証拠の集め方について、お話ししたいと思います。

【2】無視されている証拠

加害者に対して、何かしらの制裁を加えたい場合、必ず証拠が必要となります。

しかし、無視されている証拠を集めるのは、簡単ではありません。

なぜなら、通常、”無視していること”は証拠としては残らないからです。

 

もちろん、職場の同僚は、あなたが上司から無視されていることは知っているでしょう。

しかし、その証言をしてくれるとは限りません。

自分や自分の家族を犠牲にする覚悟を持ってまで、あなたのために証言してくれることを、期待はできません。

ですから、無視されていることを証言以外の方法で、証拠に集める必要があるのです。

【3】”無視”の証拠の集め方

”上司から無視されている”という証拠を集めるには、ボイスレコーダーを使うのが一番です。

ボイスレコーダーを録音モードにして、上司に話しかけましょう。

あなたが上司に挨拶をしているのに、上司が返事をしていないことを録音しましょう。

あなたが上司に相談をしているのに、上司が何も答えていないことを録音しましょう。

あなたから積極的に話す機会を作ることで、”無視されている”という証拠を集めるのです。

 

本当に無視されているのかどうかを証明するために、できるだけ多くの証拠を集めましょう。

もし、上司があなたに指示を出すときに、必ず誰かを媒介にするようになったら、それもボイスレコーダーに記録しておきましょう。

「部長が、あなたに『○○の提出はまだか?』って」というような会話の記録を集めます。

あなたが上司と直接会話をしていない様子を、客観的に証明できるようにするのです。

【4】伝達者を使うパワハラもある

上司があなたを孤立させるために、あなたへの指示をすべて第三者を使う場合があります。

上司→伝達者→あなたという流れで指示が出て、あなた→伝達者→上司という流れで報告がされるのです。

こうなると、中間の伝達者のストレスも多いため、伝達者も加害者側になることが多いです。

 

このように、陰湿なパワハラ行為が行われるようになった場合も、ボイスレコーダーが大切となります。

あなたが伝達者を介して指示を受けている様子、伝達者を介して報告している様子を記録しましょう。

【5】あなたが動くことで証拠が集まる

ここでも大切なことは、「人間関係からの切り離し」については、あなたが積極的に動く必要があるということです。

あなたが上司に積極的に働きかけることで、始めてあなたへの冷たい反応が記録として残ります。

 

あなたとしては、冷たい反応を予期しながら行動を起こすことになります。

精神的には、かなりキツイ証拠集めとなります。

ですが、上司を社会的に抹殺するためだと思って、証拠を積極的に集めてみてください。

 

証拠が集まれば集まるほど、あなたは上司に対して、精神的に優位に立てるようになります。

”いつでも社会的に抹殺できる”という気持ちが、相手に対しての恐怖心を薄れさせてくれるのです。

つまり、証拠を集める作業が、あなたのメンタルヘルスもよくしてくれます。

 

ですから、かなりキツイことですが、ぜひ積極的に証拠集めに動いてください。

そして、たくさんの動かぬ証拠が集まったら、制裁に向けて動き出しましょう。

 

無料個別相談会のリンクです。

パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

副業は「片手間でできる」ことが大切

会社を辞めたいけれど、転職も難しいときは、副業を考えておきましょう。 【1】副業は片手間にならざるを得ない 副業というのは、そもそもが本業がある前提のものです。そのため、それに時間も労力も大きく割くこ …

no image

パワハラの証拠を、twitterを使って記録する。

パワハラの証拠集めに役立つツールの1つが、twitterです。 twitterを非公開にして、自分が受けた被害をつぶやくのです。   twitterでのつぶやきは、全て記録されています。 そ …

no image

仕返しをする相手を一人決めて1人ずつ倒していくと、集団からの嫌がらせもなくせる。

パワハラ行為をしてくる相手が 複数人の場合は、 まず1人に仕返しをしましょう。   周囲から何をされても、 あなたが仕返しをする相手は、 その1人にするのです。   毎回、その1人 …

パワハラを防止すると、利益も上がる。

【1】抑圧的な企業分化が、利益を下げる 抑圧的な企業文化がある組織と、 自主的な企業文化がある組織では、 利益率で、750倍もの差が出たという、 統計調査があるようです。   【2】常識的に …

no image

ベーシックインカム制度が、パワハラ被害者のジレンマを解決する。

パワハラがない社会を作るためにも、ベーシックインカム制度を実施してもらいたい。 「いつでも辞めることができる」という状況があれば、パワハラが深刻化するのは、ほとんど防げる。 — 三國雅洋:パワハラ解決 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。