パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ加害者の謝罪を期待しないほうが、よい。

投稿日:2017年4月30日 更新日:

ツイッター上で、私に対する皮肉を@ツイートでしてきた人がいます。

最終的に、私はなぜかこの相手からブロックされます。

当然、謝罪もありません。

 

加害者はこういう人たちです。

謝罪を求めたりしないほうが、あなたの精神衛生上もよいと思います。

1319 sn3Creative Commons License studio tdes via Compfight

【1】ツイッターの仕組み

ツイートは、基本的に自分のフォロアーだけが見ます。

ですから、@ツイートをしないかぎり、私がその人のツイートをみることはありません。

それなのに、わざわざ@ツイートをして、私にツイートを見せてきたわけです。

 

これは、リアルでは”わざと私に聞こえるように、遠くで悪口を言う”というものと同じです。

 

【2】加害者が、私をブロック

これに対して、私は「一気に徹底的に反撃する」という方針で行動を起こしました。

自分が受けた被害を公にし、証拠を取り、ツイッターにスパムとして報告するなどを、短時間で行いました。

その結果、私は、なぜか加害者にブロックされるという結果となりました。

 

私が、加害者をブロックするならわかります。

ですが、加害者が私をブロックしてきたのです。

 

【3】加害者からの謝罪はない

現時点においても、加害者からの謝罪はありません。

そもそも、私から加害者に対して謝罪を求めることさえできません。

ブロックされているからです。

 

つまり、加害者というのはこういう人なのです。

ですから、加害者に対して謝罪を求めて行動を起こすのは、あまり得策ではありません。

 

【4】あなたの気持ちをスッキリさせよう

反撃を起こすときの目的は、あなたの気持ちをスッキリさせることと、しておきましょう。

相手に何かしらの行動を強制することはできません。

加害者も人間であり、人権を持つのです。

 

ですから、自分がコントロールできることについて、短期目標を立てて進みましょう。

それが、「あなたの気持ちが満足すること」、つまりはスッキリすることです。

 

私はとてもスッキリしました。

適法にすれば、反撃は悪いことではありません。

 

どんどん、反撃をしていきましょう。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラとコンフォートゾーンの関係

コーチングに、「コンフォートゾーン」と呼ばれる概念があります。 日本語で言えば「快適空間」という意味です。 このコンフォートゾーンの働きを知っておくことは、パワハラから脱出するためには必須です。 ar …

no image

『パワハラを脱出するための『全部同時実行の原則』』を電子出版しました。

kindleで、新しい電子書籍を出版しました。 『パワハラを脱出するための『全部同時実行の原則』』という本です。 パワハラは、動き続ける人が助かります。 本書では効果的な動き方について、書きました。 …

no image

小さく多く仕返しすれば、パワハラ行為をストップさせられる。

パワハラ加害行為は、日々、行われます。 そして、その加害行為1つ1つは、小さなことかもしれません。 しかし、その小さな行為は集まって、1つの大きな攻撃となります。 あなたに恐怖を植え付け、あなたを身動 …

no image

公立学校の部活動顧問での時間外労働の強要は、一般社会ではパワハラに当たる。

文部科学省のHPに、『時間外勤務に関する法令上の根拠』が書かれています。   上記のHPは、とても理解しやすいですので、 ご一読いただくのがよいでしょう。   これによると、 公立 …

長時間労働と、パワハラはほぼ同時に存在している。

長時間労働がある会社では、 ほぼ間違いなくパワハラがあります。   長時間労働が当たり前のテレビ業界では、 パワハラが当然だとされるようなものです。   【1】長時間労働が、パワハ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。