パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ加害者の謝罪を期待しないほうが、よい。

投稿日:2017年4月30日 更新日:

ツイッター上で、私に対する皮肉を@ツイートでしてきた人がいます。

最終的に、私はなぜかこの相手からブロックされます。

当然、謝罪もありません。

 

加害者はこういう人たちです。

謝罪を求めたりしないほうが、あなたの精神衛生上もよいと思います。

1319 sn3Creative Commons License studio tdes via Compfight

【1】ツイッターの仕組み

ツイートは、基本的に自分のフォロアーだけが見ます。

ですから、@ツイートをしないかぎり、私がその人のツイートをみることはありません。

それなのに、わざわざ@ツイートをして、私にツイートを見せてきたわけです。

 

これは、リアルでは”わざと私に聞こえるように、遠くで悪口を言う”というものと同じです。

 

【2】加害者が、私をブロック

これに対して、私は「一気に徹底的に反撃する」という方針で行動を起こしました。

自分が受けた被害を公にし、証拠を取り、ツイッターにスパムとして報告するなどを、短時間で行いました。

その結果、私は、なぜか加害者にブロックされるという結果となりました。

 

私が、加害者をブロックするならわかります。

ですが、加害者が私をブロックしてきたのです。

 

【3】加害者からの謝罪はない

現時点においても、加害者からの謝罪はありません。

そもそも、私から加害者に対して謝罪を求めることさえできません。

ブロックされているからです。

 

つまり、加害者というのはこういう人なのです。

ですから、加害者に対して謝罪を求めて行動を起こすのは、あまり得策ではありません。

 

【4】あなたの気持ちをスッキリさせよう

反撃を起こすときの目的は、あなたの気持ちをスッキリさせることと、しておきましょう。

相手に何かしらの行動を強制することはできません。

加害者も人間であり、人権を持つのです。

 

ですから、自分がコントロールできることについて、短期目標を立てて進みましょう。

それが、「あなたの気持ちが満足すること」、つまりはスッキリすることです。

 

私はとてもスッキリしました。

適法にすれば、反撃は悪いことではありません。

 

どんどん、反撃をしていきましょう。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

長時間の説教は「パワハラ」に該当するか?

長時間の説教も、パワハラに該当する可能性が高いです。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身 …

no image

ご自身も、枠にはめられてきた内山さん

 昨日、    ありがとう出版の内山さんに、    ネット放送『非常識?教育会議』に出演していただきました。       『非常識?教育会議』は、    教育に …

パワハラが根本的になくせる時代になる。

政府が、副業・兼業することを、積極的に認めようとし始めました。   もちろん、政府が各企業に命令をできるわけはないのですが、 時代の流れとしては、副業・兼業が当然となる時代が来るでしょう。 …

no image

【雑記】ニコニコ動画に投稿しました。

ある生徒との約束で、ニコニコ動画の投稿をしました。 動画のテーマについてFacebookで相談したところ、「役に立つものが見たい」「学び方や教え方のものが見たい」「問題の解き方を説明する動画を見たい。 …

no image

パワハラを受けたら、死にたいと思ってしまうのは当然のこと

パワハラを受けているとき、 死にたいと思ってしまうのは当然のことです。   そして、その考えを無理やり打ち消す必要もありません。 心理学的には、打ち消そうとすればするほど、 頭に浮かびやすく …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。