一気に徹底的に反撃するから、攻撃されなくなる。

私のツイッター宛てに、次のような@ツイートがされました。

「法律家」って言えば法律家だけど、「行政書士」の新しい「商売」か。

土包子@走れば届く気がした。
@sanguinosa

 

@ツイートというのは、自分のツイートです。

ただし、@で指定した相手にそのツイートを届けることができます。

つまり、この人は私宛に、わざわざ上記のツイートをしてきたのです。

陰口を言うのではなくて、悪口を聞こえるように言ってきたわけです。

(なお、上記のツイートは現在は削除されています。)

 

そこから、私は次のように対応しました。

 

【1】リツイートして、私のタイムラインに載せる

まずは、上記のツイートをリツイートしています。

リツイートすることで、自分のタイムラインに載せることができるからです。

 

@ツイートは、私宛の、相手のツイートです。

ですから、逆から言えば、相手のフォロアーと、私だけが見ることができます。

 

そこで、私はまず、そのツイートをリツイートして、私のツイートに載せました。

相手の言った悪口・陰口を、私以外の人でも見れるように、公のものとしたわけです。

 

相手の悪口を録音して、みんなの前で再生するようなものです。

 

【2】証拠の確保、反撃の開始

同時に、証拠の確保を行います。

それが、一番最初に挙げたツイートの画像です。

 

「PrtScr」ボタンを押すことで、画像を保存できます。

そして、それを私のツイートに載せることで、相手が消すことができなくなります。

 

この状態を作ってから、反撃開始です。

 

実際、相手はツイートを消しています。

画像保存の大切さが分かる事例になったと思います。

 

【3】ツイッター社にスパム報告

証拠を保存してあるので、私の主張が事実に基づくことは証明可能です。

その状況を作ったので、次はツイッター社にスパム報告を行いました。

 

ツイッターは、誹謗・中傷などのツイートを許していません。

この報告がどれだけ役立つかどうかはわかりません。

しかし、報告した事実が残っていることで、相手に対する心理的プレッシャーとなります。

 

【4】関わってはいけないと思わせよう

この時点で、私のフォロアーの方が、元のツイートをリツイートしてくれています。

また、「三國さんの一連の流れを見ると、気持ちがスッキリします」とのコメントもいただいています。

 

それを受けて、でしょう。

自分の行為の非を感じたのでしょうか。

元のツイートが削除されました。

 

【5】追撃の手を緩めない

元のツイートは削除されたのですが、それで手を緩めてはいけません。

「この人と関わってはいけない」と思わせなければなりません。

そこで、この人のブログを拡散しました。

(本文中、「協調した」というのは「強調した」の誤字です。

ツイッター上で取り上げたブログは、どうも別の人のブログのようです。

申し訳ありません。これも少し確認が足りませんでした。)

 

【6】最終的に、相手からブロックされる

最終的には、相手からブロックされました。

これはつまり、「関わってはいけない」と思われたということです。

 

今回は、ツイッター上でのやり取りでしたが、リアルでも同じです。

一気に徹底的に反撃をするからこそ、「もう関わりたくない」と思われます。

 

反撃するときは、証拠を基に一気に徹底的にやらなければなりません。

相手のの心を折るというのは、こういうことです。

 

ぜひ、戦うときの参考になればと思います。

 

追伸

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。