浅田真央さん引退から学ぶ、ゴール設定の大切さ

フィギアスケート選手浅田真央さんが、引退を表明されました。

引退理由は、”目標を達成してしまって、選手としての気力がなくなった”ことだとされています。

 

モチベーションは、ゴール側が「自分らしい」のに、現状はそうではないというギャップから生まれます。

逆に言えば、ゴールが達成されてしまえばモチベーションは消えるのです。

 

そこで、コーチは「ゴールの更新を促すべきだ」と学びます。

 

 

では、いつゴールの更新をするべきなのか、そもそもゴール設定はどのようにするべきなのか。

これについては、まだまだ理解が進んでいません。

 

この点について、コーチングをする側の視点からもお話ししました。

コーチングに興味がある方は、ぜひご覧ください。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。