「ケンカ慣れ」していない人のための、パワハラ対処法

法的手段は、「ケンカ慣れ」している人のものです。

慣れていない人は、法的手段についてはあまり考えないほうがよいでしょう。

会社を辞めた後に法的手段を取るかどうかを考えれば十分です。

 

【1】転職を考える

パワハラは心理戦です。

相手の心を折ったほうが勝ちとなる、過酷な戦いです。

ですから、ケンカ慣れしていない人は、戦いに参加しないのが無難です。

 

もちろん、戦ってあなたが勝つ可能性はあります。

しかし、それはあなたに戦いの才能がある場合だけです。

才能があるかどうかが分からないなら、戦いは避けるべきだと思います。

 

つまりは、転職を考えるのです。

 

【2】退職後に報復すればいい。

パワハラで転職を考えるのは、とても屈辱的なものです。

ですが、そもそもパワハラが放置されるような職場に残りたいでしょうか。

加害者に対して、誰も口出しができないような職場に残りたいでしょうか。

 

もし、どうしても報復をしたいなら、退職後にすることを考えましょう。

退職後に、あなたがお持ちのすべての証拠を使って、反撃をするのです。

 

相手は、あなたにとってはすでに元同僚です。

あなたが相手が恐れる必要は全くないですから、思う存分できるでしょう。

 

【3】高望みをしよう

退職を決意したとしても、パワハラによって現状よりも悪い待遇を受けることは、あなたも我慢がならないでしょう。

ですから、パワハラでの退職を決意したときは必ず、高望みをするようにしてほしいのです。

現状よりもはるかに厚遇される場所を求めて、転職活動をするのです。

 

高望みをして転職活動をすれば、そもそもうまく行かなくて当然です。

そして、うまく行けばラッキーとなります。

何もせずに耐える日々を過ごすことに比べたら、はるかによいはずです。

 

もっとも不適切な対応策は「耐えること」、「何もしないこと」です。

ですから、転職に向けて動き出してみてください。

そして、あなたが自分の興味や能力を、もっともっと発揮できる場所を見つけてください。

 

もし見つかったら、あなたは「なんでもっと早く転職しなかったんだろう」と思うでしょう。

一日でも早くその日が来るように、今、動いてみてください。

 

無料動画講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。