パワハラに対して「立ち止まる」人は、パワハラから脱出できない。

【1】無意識に好む判断の仕方がある

パワハラを受けたときに「立ち止まる」のは、判断の習性の1つです。

これをコーチングでは「アティチュード」と言います。アティチュードは、無意識の判断の習性です。意識しなければそのような判断をするという、自分にとって慣れている判断の仕方です。

 

【2】「立ち止まる」は、リスクを取らない判断

「立ち止まる」というアティチュードは、リスク回避の思考傾向を表しています。

「戦う」「逃げる」のどちらを選んでもリスクはありますが、「立ち止まる」にリスクはありません。少なくとも短期的なリスクがないのが「立ち止まる」です。つまり、「立ち止まる」は、損を薄く伸ばす思考傾向なのです。

もちろん、「立ち止まる」ことは有効な戦略の1つです。ですが、パワハラにおいては何も改善につながらない選択肢です。

 

【3】適切にリスクを取る

パワハラにおいては、「戦う」「逃げる」などのリスクを負う選択肢を選ぶ必要があります。

リスクを負わなければ、状況を変えることはできません。現状維持では、何も改善はないのです。

しかし、ただ無謀にリスクを取る必要はありません。適切にリスクを取るのです。自分が許容できる範囲内でのみ、リスクをとればいい。これを「許容損失」と言います。自分が許容できるリスクのみを取るのです。

 

【4】損を覚悟できるかどうか

許容損失というのは、自分が許容できるリスクを引き受けるというものです。

言い換えると、仮にうまくいかなかったときでも、自分が困らない程度のリスクだけを引き受けること。たとえば、加害者に反論をしたら、あなたは加害者から報復を受けるかもしれません。しかし、その報復に自分は耐えられると思えるなら、それは許容損失内です。ですから、加害者への反論を始めるべきです。

それによって生じる利得ではなくて、損失に注目する考え方が「許容損失」です。そして、生じうる損失に注目して、それを覚悟できるなら実行せよと言います。

最終的には、損失を引き受ける覚悟があるかないかという話になります。

しかし、この覚悟こそがパワハラから脱出するために必要なものなのです。この覚悟が持てない人が、あっせん、調停、訴訟などを起こせるわけがありません。

損失を許容できる人だけが、パワハラから脱出できるのです。

もちろん、ただ覚悟をするのではありません。

適切にリスクを見積もって、そこから生じうる損失が許容範囲なら、実行に移しましょう。損を覚悟して、行動に移していきましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。