パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

社会貢献マーケティング

【社会貢献マーケティング】ゴールとプロセスを共有する

投稿日:

 

【1】社会貢献で大切な2つのこと

社会貢献活動においては2つのことが大切です。

それは、ゴールの共有と、プロセスの共有です。

ゴールの共有というのは、自分達が目指している世界観を提示することです。

私達はこういう社会を目指しているということを、示していくことです。

そして、プロセスの共有とは、そのゴールに向かいつつある過程を提示することです。

私達はこういう社会を目指して、こういう活動をしていると、示していくことです。

 

【2】《最も面白いコンテンツは、「成長」》

上記のツイートでも引用したとおり、人気ブロガーのかん吉さんは《最も面白いコンテンツは「成長」》だとおっしゃっています。

これは、次の2つの動画を見比べてもらうと分かりやすいと思います。

まったく同じ人が出している動画ですが、1つはゴールするまでの過程があるものです。

 

こちらは、ゴールに至る過程がないものです。

 

【3】プロセスの共有がカギ

社会貢献活動を行っている人で、ゴールの共有を行う人は多くなってきています。

しかし、ゴールに向かいつつある過程を出しているところは、あまりありません。

そのため、活動に対しての愛着が持ちにくいのです。

プロセスはできるだけ細かく共有したほうがよいのです。たとえば、1つのイベントを行うとき、さまざまな準備活動がありますが、それをリアルタイムで実況中継するぐらいでもよいのです。たとえば、「今、資料を作成中です。私達の想いがうまく伝わればいいな」という一言でも十分です。

 

たった一言でもあることによって、共有している感覚が生まれます。一体感が生まれます。プロセスを共有することによって、自分ごとになるのです。

 

【4】社会貢献活動こそ、ツイッターを使おう

社会貢献活動において、ツイッターはとても役立つツールです。

たしかに、ツイッターには最大限の弱点があります。それはツイート内容は、基本的には検索にヒットしないということです。言い換えれば、リアルタイムで見ていただかない限りは、そのツイート内容を見てもらうことはできないということです。

ですから、その点は考慮しなければなりませんが、ゴールとプロセスの共有という点では間違いなく最高のツールと言えます。

社会貢献活動をしている人は、ゴールの共有と、プロセスの共有という2つの視点でツイッターを運営していくのがお勧めです。

さらに詳しいツイッターの使い方については、下記の書籍がお勧めですのでご一読を。

http://amzn.to/2qXVPe0

 

-社会貢献マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「いい人」が、副業で、あなただから提供できる価値を見つける方法

会社を辞めたいときに、副業・起業を考えたなら、 あなただからこそ提供できる価値を探しましょう。   そのときに大切なことは、 顧客が望んでいる価値を調べることです。   「いい人」 …

no image

定型文は、信用を落とすだけ。【人の役に立つためのマーケティング】

 みなさんもそうでしょうが、  定型文でメッセージやコメントが送られてくることがあります。 「はじめまして。  ブログ拝見しました。  とても興味深いことを書かれておられますね。  読者登録させていた …

no image

「ターゲット」なんて想定するな。【人の役に立つためのマーケティング】

【理論編】  もしあなたが退職を考えていて、  副業を考えているなら、  マーケティングは必須だと思います。  しかし、マーケティング用語に、  苦しめられないように、  気をつけていただきたいと思い …

no image

あなただけができる、社会貢献を探す。

もしあなたが辛い状況にあるなら、そのときこそ「あなただからできる社会貢献」を考えましょう。 「あなただからこそできる社会貢献」というのは、次の3つを満たすものです。 あなたが提供できる価値 社会が望ん …

no image

解決策をシュミレーションする。【人の役に立つためのマーケティング】

今回も、少しマーケティングの話になります。 これは、副業をする上では欠かせないことなのに、 ここを無視して、副業を勧める人が多いからです。 バリュー・プロポジションを発見し、 あなたが提供できて、他の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。