パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

【雑記】オープンにする場所が、あなたを助ける。

投稿日:

【1】接する情報量が、爆発的に増えた

インターネットによって、簡単に人々とつながることができるようになりました。

しかし、それによって「オープンにできる場所」が増えたわけではありません。

一方で、自分が接する情報量は爆発的に増えました。

 

【2】伝えたいことは増えたが、自己開示はしたくないジレンマ

自分が接する情報が増えたため、伝えたい情報も増えています。

しかし、それをオープンにすることは、そのまま自己開示となります。

自分をオープンにすることになってしまいます。自分が発信する情報には、自分に関する情報が紐づいているからです。

ここでジレンマが生じます。「情報を伝えたい」VS「自分に関する情報は発信したくない」というものです。

 

【3】匿名でも恐怖は消えない

このジレンマへの最も簡単な解消法が、匿名での情報発信です。

ですが、これでも”自分だと感づかれるのではないか”という恐れは消えません。”いろいろな情報を総合的に判断すれば自分だと分かってしまうだろう”と、自分では思うからです。

「匿名での情報発信をする」という選択肢では、ジレンマを解消できないことがあります。

 

 

【4】複数の「オープンにする場所」を持つ

そこで大切となるのが、複数のオープンにする場所を持つことだと思います。たとえば、私はブログの他に、Facebook、Twitter、YOUTUBEをしています。そして、それぞれで出している情報は違います。

データを世界中のコンピューターで分散して保有するようなものです。もし私がそれぞれを匿名で運営していれば、1つ1つの情報発信から私個人を紐づけることは難しいでしょう。オープンする場所を複数持ち、情報を分散させることで、自分の情報が紐づけられることを防ぐのです。

 

【5】「オープンにする場所」という覚悟

私は、さまざまな媒体で情報発信をしています。そして、それぞれで違う自分を出しています。

ですが、本音を言えば、さまざまな場所で1つの自分を出していきたいのです。場所によって出す自分を変えるのではなくて、この自分を出す場所を選ぶようにしたいと思っています。

それはつまり、少し前に流行った言葉では「嫌われる勇気」を持つことになるでしょう。自分を出す勇気であり、それは結局、嫌われることを許容する勇気です。

もちろん、フォロアーにとって有益な情報を提供していきたいとは思います。ただ、「自分がフォロアーにとって有益だと思う情報なら、なんでも全部出す」という勇気を持とうと思います。

コーチとしてのこの挑戦を見届けていただき、そしてあなたも自己開示の恐怖と戦ってくれたらいいなと思っています。

 

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ブレイクスルーのきっかけは、盲点に隠れている。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】 ゴールから逆算すると、直近の中間目標が決まります。 たとえば、継続的な収入を得ることがゴールだとしたら、 転職先を見つけるか、副業の手段を見つけるなどが、 中間目標となるでしょう。 このよ …

no image

副業は「片手間でできる」ことが大切

会社を辞めたいけれど、転職も難しいときは、副業を考えておきましょう。 【1】副業は片手間にならざるを得ない 副業というのは、そもそもが本業がある前提のものです。そのため、それに時間も労力も大きく割くこ …

no image

《「利」を切れる》からこそ、パワハラと戦える

『アカギ-闇に降り立った天才』という漫画があります。 その中でアカギが敵から《自分の『利」を切れる男》と賞される場面があります。これはとても深い言葉で、パワハラと戦う場合にはこの「利」を切る行為=損失 …

no image

職場いじめで辞めたいときに、あなたが取るべき行動。

職場いじめを受けているとき、 最初に考えることは、なんとかやり過ごすこと。   次に、上司になんとかしてもらうことを考えて、 それでもダメなら、転職を考えることになります。   た …

あなたの会社が、パワハラ対策で頼りになるかどうかをチェックする方法

あなたが会社は、パワハラ問題について頼りになるでしょうか。 それとも、頼りにならないでしょうか。 それを確認する簡単な方法があります。 それは、『あかるい職場応援団』というサイトを知っているかどうか、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。