パワハラの証拠を使って、仲間を集める

パワハラ解決に向けて行動を起こすときに大切となるのが仲間です。

仲間が多ければ多いほど証拠を集めやすくなりますし、精神的にも強くいられます。

しかし、一般的にはパワハラ被害者は孤立させられますし、そもそも被害の深刻さを理解してもらうことが難しい。

だからこそ、証拠集めが大切となります。

証拠を集めている姿と、証拠の内容によって初めてあなたの被害の深刻さが、周囲に伝わるのです。

あなたがどのような状況にいるのかが伝わるからこそ、あなたにサポートが必要だと伝わります。

口頭であなたの辛さを理解してもらうのは、まず無理だと考えてください。言葉ではなく、事実を示すことであなたの現状を訴えましょう。

淡々と冷静に事実を示すことで、周囲の人々は、自分の判断であなたの味方になってくれるようになります。

冷静に事実を集め、それを示し続けましょう。そのためにも、証拠を集め行いましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。