パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

リラックスして、パワハラ攻撃に冷静に対処する。

投稿日:

【1】自分を責める必要はない

パワハラを受けていると、最初は「自分が悪いのではないか」と考えてしまいます。

しかし、そのように考える必要はありません。

仮にあなたに非があるとしても、パワハラをしてよい理由などないからです。

もしどうしても「自分が悪い」と思ってしまうときは、「加担割合」を考えましょう。

現在の状況を作り出すのにあなたと加害者が、どれだけ加担しているのかを考えるのです。

あなたにも非があるのかもしれませんが、相手にも非があるはずです。

誰にどれだけ現在の状況を作り出すのに加担しているのかを、考えてみましょう。

 

【2】リラックスしている時間を伸ばすことが大切

自分だけが悪いわけではないと思えるようになったら、次はリラックスする時間を伸ばすようにします。

リラックス状態は理性優位状態であり、心に傷を負いにくい状態でもあります。

ですから、リラックス状態を長く保てば保つほど、パワハラによる悪影響を受けにくくなります。

それは結果的に、勤務終了後に余力を残すことにつながります。転職活動や副業などに取り組む気力を温存することにつながるのです。

リラックスするためには、深呼吸を意識するのが最も簡単であり、効果的です。

心理学的にも1分間に4~6回の呼吸にすることで、脳がリラックスモードに入ることが分かっています。

深呼吸なら、誰でもいつでもできることです。ですから、パワハラという辛い状態にあるときはできるだけ深呼吸をしてリラックス状態を維持するようにしましょう。

【3】リラックス状態で、言動を冷静に取捨選択する

リラックス状態を作ることができたら、加害者の言動を冷静に取捨選択しましょう。

加害者の言動すべてを受け入れる必要はまったくありません。

どの言動を受けいれ、どの言動を拒否するかを冷静に判断するようにするのです。

あくまでも冷静な状態を保ち、時間が掛かってもよいので評価をしていきましょう。

意識に上げて、自分で判断することで、あなたの感情コントロールの主導権を取り戻すのです。

 

ここまでを行えるようになれば、加害者に簡単にコントロールされることは少なくなります。

大切なことはリラックスモードを保ち、理性優位状態を保つことです。

理性優位状態を保つことは、心を守ることになります。また、自分を不利な状態に追い込まないためにも、大切です。

リラックスを心掛けましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラ・職場いじめは、あなたが「助けて」と言わないと、誰も助けてくれない。だから、少しずつでも開示していこう。

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせを、 早急に解決したいときは、 公(おおやけ)にすることを目指しましょう。   おおごとにするわけではなくて、 あなたが困っている、悩んでいるということを、 で …

no image

すぐに仕事を辞めてしまい、仕事が長く続かない本当の理由

仕事が長く続かないと、自分はメンタルが弱いのではないかと、思いがちです。 ですが、それは本当の理由ではありません。 メンタルが弱いという障害があるから、続かないのではありません。   その仕 …

no image

パワハラ・職場いじめは、命に関わる。

パワハラ・職場モラハラは、 本当に命に関わる問題です。   なぜ、それが理解されないのかが 私にはよく分かりません。   【1】パワハラは、命に関わる問題 パワハラ・職場モラハラは …

no image

選手が、パワハラに勝った事例【なでしこリーグ岡山湯郷のパワハラ騒動】

なでしこリーグの4選手が、 監督と指導法についての対立があり、 退団を申し込みました。     そして、それを受けて、 監督が解任。   GMも責任を取って辞任するという …

no image

パワハラに当たるかどうかを直観的にチェックする方法

厚生労働省は、パワハラを次のように定義しています。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。