パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

【いるいる】飲み会で「黙って帰る人」の共通点を発見!
@iStock/TAGSTOCK1 これから年末に向け、飲み会に参加する機会も増えてくるだろう。宴……….≪続きを読む≫

【理論編】

 飲み会が嫌いな人からすると、

 これからの年末シーズンは、憂鬱でしかないでしょう。

 反対に、飲むのが好きな人は、

 楽しみなのでしょう。

 具体的にイメージされる未来がハッピーなら今もハッピーで、
 
 未来がアンハッピーなら、今のアンハッピーです。

 結局のところ、

 今、あなたが幸せかどうかは、

 どのような未来にリアリティを感じているかによります。
 
 あなたが、過去の被害体験を克服してハッピーに過ごしている姿を確信できるなら、
 
 それだけで今もハッピーになれるのです。

 

 ただ、確信をするには、そのような未来に向かっているという実感が必要です。

 自分が何も変わらずに、未来だけ変えようとしても、

 それを信じることはできません。

 だから、意識的な行動が必要となるのです。

 未来を変えたいなら、今、一歩ずつ、自分を変えましょう。

 

【実践編】

 1 今の自分のままでは、絶対に達成できない5年後の未来を想像してみましょう。

 2 今の自分のままでの過ごした5年後を、想像してみましょう。
 
 3 しっかりと対比を感じましょう。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための

ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

常に少数派に徹する。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ被害体験者の強みは、少数派であることです。 少数派に立ったことのない人に、個性などありません。 しかし、少数派であることは恐怖を感じることであり、 つい、多数派に回ってしまいそうになり …

no image

ジレンマが生じるのは、よい兆候【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

高いゴールを設定し、そのゴール達成に向かい始めると、 必ずジレンマが生じてきます。 反対から言えば、ジレンマが生じるのは、ゴールに向かっている証拠です。 たとえば、いじめ・嫌がらせの被害者支援活動を始 …

no image

快適領域が、あなたを縛り付ける。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

どうしてなの?ふられた彼氏に「こだわってしまう」3つの心理はじまりがあれば、そこには終わりがあるもの。 恋愛の場合、終わりがハッピーエンドの場合もあれば、残念……… …

no image

義務感は、ゴール達成の足を引っ張る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

シャープの「自爆営業」に百貨店社員 「私の業界では普通」  経営再建中のシャープが、社員を対象に自社製品を購入することを求めるキャンペーンを始め、これが大……….≪ …

no image

ネガティブなエネルギーを、ポジティブに使う。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

ストレスが健康に悪影響を及ぼすのは、 「ストレスは体に悪い」と思っているときだけです。 これは心理学的な実証もされていることの1つです。 そして、ストレスにもプラスの側面があることがわかっています。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。