パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

命令に従わなくてもいい理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

​命令に対し「ノー」と拒否するロボットが誕生 人間にとっての脅威となり得るのか?【動画】
人間の音声命令に対して、リスクを感じると「NO」と拒否する最新ロボットが話題になっている。https……….≪続きを読む≫

【理論編】

 命令を拒否するロボットが生まれたというニュース記事です。

 人間なら、拒否するのは当然ですが、ロボットはこれまで拒否ができませんでした。

 命令どおりに動くことのみが許されてきたわけです。

 

 人間は、命令に従うかどうかを選ぶことができます。

 どんな命令に対しても、です。

 職務命令であっても、それを実行するかどうかを決定するのは自分です。

 

 自分で選ぶからこそ、その結果を引き受けられるのです。

 その結果を引き受けるからこそ、自己イメージを高く保てるのです。

 

 メンタルヘルスを酷く傷つけるものとして、

「不正処理の後始末をさせられること」というものがあります。

 通常、誰だって不正処理の後始末なんてしたくはありません。

 不正処理をした本人が、その責任をとって全部処理してほしいと、

 誰でも思います。

 

 ですが、そこで「させられている」と考えると、

 自己イメージは下がる一方です。

 そして、その自己イメージを回復することもできません。

 反対に、「給料のために、自分はするんだ」と思うようにすれば、

 自己イメージは一時的には下がるでしょうが、

 取り戻すことも自分でできるようになります。

 「こんなことをしている自分は、自分らしくない。早く他の会社に転職しよう。」と思えます。

 

 これは、過去の出来事についても同じです。

 自分で、その解釈を選んでいると思うことで、解釈を変えることができるようになります。

 一瞬は自己イメージが下がるかもしれませんが、

 解釈は自分で選べるのですから、自分で自分が望むように選べばいい。

 

 他人に任せるというのは、とても楽なことです。

 自分で選ぶというのは、厳しいことです。

 しかし、自己イメージを高く保つには、自分で選ぶことを続けるしかない。

 他人の選択に従ってばかりで、自己イメージを高く保つことはできないのです。
 
【実践編】

1 出来事に対して、自分がどのような解釈をしているかを意識にあげましょう。
 例:いじめ・嫌がらせ被害体験について、”あの体験のせいで人生が狂った”と思っている。

2 その解釈を自分で選んでいると仮定する。
 例:”あの体験のせいで人生が狂った”という解釈を、自分で選んでいると仮定する。

3 その解釈を選ぶことによって、自分の自己イメージはどうなるかを考える。
 例:もしこういう解釈を選んでいるのであれば、自分の人生は変えられようがない。

4 別の解釈を模索する。

過去の嫌な出来事に、縛られてしまっていませんか。
自己肯定感を高く持ち続け、前に進み続けるための
ご興味のある方は、ご登録くださいね。
マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。


-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

勘違いさせるぐらい、リアルにする【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

あがり症は必見! 話し方講師が教える、簡単にできる人前で上手に話すコツ結婚式でのスピーチ、配置換えの際の自己紹介、職場でのプレゼンなど、人前で話す機会は意外と多いですよね……& …

no image

自己評価に見合う行動を取る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

自己卑下は美徳ではないのですが、 それは自己卑下は、その人の成長には繋がらないからです。 人は、自己イメージに沿うように行動をしています。 ですから、行動を変えるのに一番効果的な方法は、自己イメージを …

no image

ネガティブ体験は、強みとなる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  ネガティブ体験は、  もちろん、少ないほうがいいです。  私も、ネガティブな体験なんて、  できるだけしたくはありません。  それでも、ネガティブ体験が無意味かと言えば、  そうではあり …

no image

危機に陥ったときは、どうすればいい?

パリで同時多発テロがありました。 このようなときに役立つ心理学があります。 クライシスサイコロジーと呼ばれる分野です。 私達は、危機には「闘争か逃走か」と呼ばれる心理状態に陥ります。 これは、簡単に言 …

no image

自分が変わらなくては達成できないことが、ゴールの条件。

今回は、「被害体験をプラスに変えるための、ゴール設定の条件」という話をします。 何度か書いてはいるのですが、ゴールには条件が2つあります。 1 「現状の外」2 「WANT TO」 今回は特に、「現状の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。