パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

始末書を悪用したパワハラの例

投稿日:2016年7月2日 更新日:

加害者は、何でもあなたを攻撃する材料としてきます。

 

始末書という形式をとったパワハラも、よくあります。

パワハラの典型例の1つです。

 

もともと、被害者はパワハラを受けているので、

パニック状態にあることが多く、

ミスも多くなりがちです。

 

そうすると、そのミスに対して、

始末書を書かせる、

しかも大量の始末書を書かせるという形で、

嫌がらせをしてくるのです。

 

始末書という形式上は、

指揮命令権の範囲内のものを利用した、

権利の濫用タイプのパワハラです。

 

 

形式上は問題がないために、

調子にのった加害者がよくやる手です。

 

始末書は、必ず証拠として残ります。

可能であれば、その始末書のデータやコピーは

保存しておくようにしましょう。

 

それがパワハラの証拠として、

後々に役立つことがあります。

 

 

関連動画

 

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

セルフトークで自分を守る。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「弱い」「よく立ってるな」=自殺の中1、部活で-名古屋市教委 名古屋市西区の中学1年の男子生徒(12)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、市教育委員会は16……&#8230 …

no image

ゴールが問題を生み出す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ゴールがあるから、問題が生まれます。 反対から言えば、問題があるということはゴールがあるということです。 学校の先生にとっての問題児とは、学校の先生のコントロール外にあるという意味です。 …

no image

好きなことをすることを、コーチが勧める心理学的理由【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 この本には、ポジティブ感情についての仮説が紹介されています。 それは、「拡張-形成仮説」です。 ネガティブ感情は、特定の行動性向を生じさせます。 …

no image

相反すると思える分野に、ゴールを立てる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

いじめ・嫌がらせ体験は、自然とプラスのものに変わります。 しかし、それは今のあなたのままでは、難しいかもしれません。 現状維持では、過去の解釈もほとんど変わりません。 今までの自分とは違う自分になろう …

no image

いじめ・嫌がらせ体験を、無理にプラスに変えようとしなくてもOK。

ブログタイトルとは真反対ですが、 実は無理にプラスの力に変える必要はありません。 ゴールを設定し、ゴール達成に向かっていくうちに 勝手にプラスの体験に変わっていくからです。 これが、ゴール設定の威力で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。