パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

いじめ・嫌がらせの傷は、消えなくても大丈夫。

投稿日:2015年11月15日 更新日:

いじめ・嫌がらせの傷は、

消えなくても大丈夫です。

その体験から悪影響を受けなければ、それでよいはずです。

そのようなことが、実際にできるのです。

そのための方法は、シンプルです。

ゴールを設定して、

ゴール達成に邁進し続ければよいのです。

ゴールを設定し、そのために邁進し続けていると、

脳はそのために、情報の重要性を自然と変えていきます。

今まで重要であったものを、重要でなくするのです。

たとえば、いじめ・嫌がらせ体験の被害者に役立つことをしようと思っていれば、

今まで他人の目が気になって仕方なかった人でも、

自然と他人の目が気にならなくなります。

 

人は、自分にとって重要性が高いものだけを

認識に上げようとします。

逆に言えば、重要性が低いものを

わざわざ意識に上げようとしないのです。

 

ですから、あなたがゴールに邁進し続けると、

ゴール達成に重要だと思われるものだけが、

認識に上がるようになります。

 

そして、ゴールにとって関係がないものは

認識に上がらなくなるのです。

 
しかし、ただゴールを設定するだけでは足りません。

適切なゴールを設定するためには、

2つの条件を満たす必要があります。

 

  1. 「現状の外側」に設定すること
  2. 「WANT TO」であること

この2つについては、また別の機会に

詳しくご説明しましょう。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

良い悪いの判断は、後でいい。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

アニメ×観光協会ポスター 胸強調し過ぎとの議論登場 アニメ『のうりん』と美濃加茂市観光協会のコラボ企画「みのかもまるっとスタンプラリー2015」のポス……….≪続き …

no image

本当にしたいことが見つかれば、全部勝手に変わる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

過去の出来事の意味は、勝手に変わっていきます。 原因分析も無意味ではありませんが、それほど役に立ちません。毎日のように嘲笑された日々がトラウマとなっていて、 人前に出ることができないという、 原因と結 …

no image

パワハラ被害者にこそ「エフィカシー」を高める働きかけが必要な理由

パワハラを受けると、どうしてもエフィカシー(「自己のゴール達成能力の自己評価」)が下がります。 これが下がり続けると、自分には解決できないと思い込む、学習性無力感に陥ります。 — 三國雅洋:パワハラ解 …

no image

休む理由を無意識はつくる。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「ごきげんよう」が終了となるようです。 休みのときに観る番組だったと、懐かしむ人が多いそうです。 「ごきげんよう」終了 学校を休んだ日に見る番組だった トーク番組『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ …

no image

「本当に?」で思い込みを外す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

自分を制限する思い込みに気がついたら、 その思い込みを外すのは、比較的簡単です。 「本当に?」と、疑いをかけるだけで、 ほとんどの思い込みは外れます。 まずは、自分の課題、問題をジレンマという形で表現 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。