パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

いじめ・嫌がらせ被害体験は、プラスの力に変えることができる。

投稿日:2015年11月15日 更新日:

「いじめられた側は、忘れることができません!」

あなたも、このような

怒り、悲しみをお持ちなのではないでしょうか。

このような気持ちを持つことは、自然なことです。

しかし、それに囚われたくないと、お思いなのでしょう。

このブログは、いじめの傷を消して、前進したい人のために、書きます。

いじめの記憶を消すわけではありません。

ただ、いじめの傷に、悪影響を受けないようにします。

誰でもケガをしたことがあるでしょうし、

その傷跡が残っているかもしれません。


しかし、その傷跡に何も悪影響を受けていないなら、

その傷跡はないのと同じです。

私はカウンセラーでも医師でもありません。

傷を治すことはできません。

しかし、コーチとして、結果的に心の傷に

影響を受けないようにすることはできます。

コーチにとって大切なことは、あなたの未来だけです。

あなたが、脳、心の仕組みを上手に使って、

自分の目標を達成できるようになってほしいと思っています。

そして、私個人は、特に、

悲しい過去を持った人にこそ、素晴らしい人生を歩んでほしいと思っています。

悲しい経験をした人に、それぐらいのご褒美があってもよいと思うからです。

私自身、中学2年生から1年間にわたって、

執拗な嫌がらせを受けてきました。

靴に画鋲が入っていたり、

教室に入ると机がひっくり返っていたり、

私が何かをするたびに遠くでコソコソと嘲笑する

レベルの低い人達がいたりなどです。

きっとあなたも同じような経験をしているでしょう。

多分あなたも、自殺を考えたり、

殺意というものを人生で持ったりしたことがある人の1人でしょう。

いじめ・嫌がらせを受けた経験と、

「死」は、悲しいことながら、近い概念です。

このブログでは、このような悲しい被害の記憶から、

影響を受けないようにする技術をお伝えします。

そして、それはいわゆるカウンセリング手法ではありません。

コーチングの技術を使います。

 

このブログを読んでいただくことで、あなたは・・・

  • 心の傷が消えない理由を知ることができます。
  • 心の傷に、影響を受けない方法を身につけることができます。
  • 高い自己イメージを持つ方法を身につけることができます
  • 自分を制限する思い込みを、外す方法を身につけることができます
  • 他人の評価を気にしない方法を身につけることができます

あなたの傷を消すことは、私にはできません。

しかし、あなたがその傷がないのと同じ状態になり、

意義ある人生を送るためのお手伝いをすることはできます。

ですから、ぜひこのブログを読んでください。

あなたがこのブログを読んで、人生をさらに充実させてくれたら、

これに勝る喜びはありません。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

良い悪いの判断は、後でいい。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

アニメ×観光協会ポスター 胸強調し過ぎとの議論登場 アニメ『のうりん』と美濃加茂市観光協会のコラボ企画「みのかもまるっとスタンプラリー2015」のポス……….≪続き …

no image

ゴールが問題を生み出す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】 ゴールがあるから、問題が生まれます。 反対から言えば、問題があるということはゴールがあるということです。 学校の先生にとっての問題児とは、学校の先生のコントロール外にあるという意味です。 …

no image

加害者に何を言われても、あなたには関係がない

パワハラの加害者は、 あなたにいろんなことを言ってきますよね。   気にするなと言われても、 気になるのは当然です。   気になるのは仕方ないことですが、 他人の言動を受け入れる必 …

no image

過去は自己否定の理由にはならない。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

【理論編】  計算問題を間違えたとき、  「自分はバカだ」と思うのも、  「あれっ、おかしいな」と思うのも、  どっちでも自然なはずです。  計算問題を間違えたことは、「自分はバカだ」と思う理由にはな …

no image

SNSは、自己評価の練習のためにある。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

その投稿、ちょっと待った! アップする必要を感じない友だちのSNS4選!「手料理の写真」今や誰もがひとつくらいはアカウントを持っているSNS。友だちの日常を写真付きで見ることができるし、自&#8230 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。