パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

合コンでどうあるのが自分らしいか。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

投稿日:

使わないと損! 合コンで男性ウケのいいワザ3つ!「清楚系のワンピースを着ていく」
みなさんは合コンや飲み会で、気が付けばひとりの女性に、めぼしい男性をかっさらわれていた……なんて経験……….≪続きを読む≫

【理論編】

恋愛話だとリアリティを持ちやすい人が多いので、

こういう記事をとりあげています。

話を聞いても、なんかピンとこない部分が、

こういう身近な話が入ると、ぐっと減ると思います。

ゴールがあなたのあるべき姿を決めます。

あなたのゴールが、たとえば1年以内に結婚することであり、

そのゴール達成のために合コンに行くのであれば、

1年後に結婚している自分の姿にふさわしい行動をとる必要があります。

1年以内に結婚するとなれば

結構なスピードで進展する必要がありますね。

結婚式など不要というなら、もう少し余裕がありますが、

おそらく、そうではないでしょう。

そうすると、ニュースで挙げられていたような行動を取るのも、

「あなたらしい」行動をとして、どんどんやっていけばいいわけです。

清楚な服を着たり、反対に肌の露出が多いようにしたり、

食べ物を取り分けたり、いろいろなことを、「自分らしい」としていくのです。

コーチングというのは、結論を言えば、

こういう風に、ゴール達成のために新しい自分を作っていくことです。

よく、「コミュニケーション手法」とか言われるのですが、

そんな甘いものではないというのが、私の考えです。

でも、その結果、過去の出来事は全部プラスになります。

だから、一緒に前に進んでいきましょう。

自分のゴールを作って、そのゴールのために自分を変えていく。

それがコーチングです。

【実践編】

1 自分のゴールを設定しましょう。
  ゴールは現状の外、WANT TOです。
 例:会社の実権を完全に掌握している。

2 ゴールを達成している自分について、事細かに説明してください。
 例:私は、社長のよきアドバイザーであり、全幅の信頼を置かれている。誰もが私のことを尊敬、信頼しており、その信頼に応える能力を身に付けている。

3 2の自分が、まるで自分がいまそうであるかのように、振る舞ってください。
  自分がいま、そうであると感じて下さい。

4 心の中からの反発が出てきたらOKです。
  出てこない場合はリアリティが足りない可能性がありますので、説明をより細かくしてください。

マインドセットを変える3ステップが実践できるようになっているので、
どんどん変化できるようになりますよ。

なかなか変化できずに困っている方は、メルマガ登録をどうぞ。

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

学びを分かち合うことが大切。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

公衆トイレを綺麗に保つために行政が導入した秘策「トイレのネーミングライツ」とはトイレ博士佐藤満春です。 「2020年に向けて街中に綺麗な公衆トイレを増やそう!」「快適トイレで…&#8230 …

no image

自分らしさは、ゴールが決める。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

他人の言動をイチイチ間に受けると、あなたらしさが消えてしまいます。 では、あなたらしさとは何でしょうか。 それは、あなたのゴールが決めるものです。 ゴールを設定すると、そのゴールを達成するのにあるべき …

no image

世間の目から逃れる簡単な方法。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

「褒めてくれる元カレ」「叱ってくれる元カレ」長く関係を続けてもいいのはどっち?連絡をとった方がいい元カレと断つべき元カレ 大好きだった彼氏との交際を終えて、5年や10年。いわゆ…&#823 …

no image

自分が変わる簡単なコツ【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

プリンセス天功、新喜劇とのコラボ公演開幕 ヘリを使ったイリュージョンも イリュージョニストのプリンセス天功が30日、大阪・なんばグランド花月で『プリンセス天功×辻本茂雄 ……& …

no image

ネガティブ思考には反証を探す。【いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。】

アサーションという、自己表現手法があります。 細かい方法論は本題から外れるので別にしますが、 このアサーションの一番簡単な使い方は、 「事実を述べること」です。 たとえば、次のように言われたとします。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。