パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える

あなたがトラウマを克服できない理由【トラウマを克服して、強みに変える】

投稿日:

口癖は? 性格は? ダイエットに失敗する人の共通点3つ
きっとほとんどの女性がダイエットの経験があると思いますが、「失敗した」という人も多いはず。一度は痩せ……….≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

スマップの解散報道が気になって仕方がありません。

特に気になるのは、退職する女性マネージャーです。

自分を責めてなければいいんだけどなと思います。

【理論編】

 ダイエットに失敗する理由は簡単です。

 セルフイメージを変えていないからです。

 ダイエット中に、カロリーを取りすぎたとしますね。

 そのときに、「やっぱり、私はダメだ・・・」と自己卑下していては、ダメなんです。

「カロリーを取りすぎるなんて、自分らしくない。」と思える人が、成功します。

 この違いは、セルフイメージです。

 「ダメだ」は、

 「ダイエットができない自分が、自分らしい」と言っているのと同じです。

 そうなら、ダイエットができない方向に動くのが当たり前ですよね。

 なぜなら、できないほうが自分らしいからです。

 でも、そうではありません。

 ダイエットを成功しているのが、あなたらしいのです。

 ダイエットに成功している、成功するべきあなたが、

 現在、カロリーを取りすぎているなんておかしい。

 運動しないなんて、おかしい。

 物理的制約を踏まえた上で、

 そのダイエットのゴールを達成するためには、

 もっともっとやっているのが、あなたらしいんですよ。

 

 何を自分らしいと思うか、が最も大切です。

 トラウマの克服も同じ。

 大切なものは、セルフイメージです。

 あなたのトラウマがどれだけ厳しいものかは、

 私には想像はつきません。

 でも、トラウマに囚われているあなたは、あなたらしくない。

 あなたは、トラウマを活用して、成長していける人なんですからね。

【実践編】

1 ゴールを設定しましょう。

2 ゴールを達成している自分、達成するべき自分の姿をイメージしましょう。

3 自分の行動のすべてを、そのセルフイメージに沿って、
  「自分らしい」、「自分らしくない」と判断しましょう。

-トラウマを克服して、強みに変える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ご自身も、枠にはめられてきた内山さん

 昨日、    ありがとう出版の内山さんに、    ネット放送『非常識?教育会議』に出演していただきました。       『非常識?教育会議』は、    教育に …

no image

できない理由が出てくるのは、よいこと。【トラウマを克服して、強みに変える】

恐怖や不安は、あなたが変化を始めた証拠。 あなたを、「これまでどおり」に戻そうとするためのサイレン。 変化を起こしたいなら、ここでアクセルを踏もう。 — 臆病者のための『挑戦する技術』 (@artof …

no image

パワハラ6類型の「身体的な攻撃」の例

 厚労省は、    パワハラの6類型というものを出しています。        その類型の1つ、”身体的な攻撃”には、    叩く、殴る、蹴る、丸めたポスターで叩くなどが、 …

no image

解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費         パワハラや、    職場で嫌がらせを受けていると、    どんどん行動力が奪われていきます。   …

no image

反省なんかしなくてもいい。

パワハラなど、職場ハラスメントを受けていると、 どうしても、「自分が悪いのでは?」と、 思いますよね。   「こんなことをされるのは、 何かしら、自分が気に入らない部分があるからだ。」と、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。