パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える パワハラ脱出副業・起業

転職できれば苦労はしない。【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:2016年3月24日 更新日:

 会社を辞めたいときに、

 最初に考えるのは、転職でしょう。

 

 これは、「会社を辞めても、定期収入を得る方法」の1つということができます。

 この会社を辞めても定期収入を得るためにはどうすればいいか、

 と考えると、

 別の会社で働けばいい、という結論が出てくるのが普通です。

 

 ただ、会社を辞められないというときは、

 転職ができないからこそ、悩むことが多い。

 もちろん、転職活動をするのは、とても大切です。

 転職エージェントへの登録は必須でしょう。

 自分の代わりに転職先を探してくれるのですから、

 利用しない手はありません。

 ちなみに、私は転職サイトとは一切無関係ですので、

 どこのエージェントがいいのか、というのはお答えできません。

 

 ただ、転職活動の問題点は、2つあります。

 1つは、基本的には収入が下がること、

 もう1つは、いつまで続くかがわからないことです。

 

 転職すれば、基本的には収入は減ります。

 勤務するほど給料が上がる仕組みが未だに多いのですから、

 基本的には下がります。

 

 もう1つは、転職活動の終わりは、自分ではどうしようもないことです。

 転職活動ほど、手ごたえの少ないものはありません。

 動けば動くほど、自己肯定感が下がりがちになります。

 

 もちろん、セルフトークのコントロールを使えば、

 自己肯定感を高く保つこともある程度はできますが、

 それでも、会社を辞めたいと思いながら、

 転職先からなかなかOKがもらえないときには、

 心が折れそうになるでしょう。

 

 転職活動を続けるのは、必要ですが、
 
 それだけでは足りないということです。

 

 そもそも、転職すれば収入が下がることを気にしていると、

 転職活動さえできなくなるでしょう。

 

 このジレンマに陥ったとき、

 多くの人が考えるのが、副業の開始です。

 

 副業という選択肢はとても大切だとは思いますが、

 ここにもいくつか注意点があります。

 それは別記事で書きましょう。

 続きはこちらから。

-トラウマを克服して、強みに変える, パワハラ脱出副業・起業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの定義に当てはまるか

今回は、ニュースを取り上げて、パワハラの定義のご説明をします。   今回取り上げるニュースは、こちらです。『「学長メールはパワハラ」 国際大教授ら撤回要求 新潟』 http://www.as …

no image

パワハラを受けているが、転職できないときにするべきこと(エフェクチュエーション的思考法)

どうしても転職できる自信がないなら、副業に取り組んでおくのをおすすめします。 現在はいろいろな副業があります。インターネットで検索してみれば、すぐに見つかるはずです。 — 三國雅洋:パワハラ解決アドバ …

no image

あなただから提供できる価値がある。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

「パワハラ系有能上司」から追い込まれた 「なかなかヘビー」な被害体験とは近年問題化することが増えてきている「パワハラ」。問題が表面化すればパワハラを起こした当事者が責められ…… …

no image

【まとめ】やっぱり契約関係に過ぎない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 コミュニケーションの目的は「共有リアリティの構築」です。  誰もが独自の「現実」を持っています。  同じ空間にいたとしても、認識しているものは違います。  各自にとって違う現実を、共有することがコミ …

no image

必ずうまくいく方法なんてない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】  コーチングをするときも、  私は、さまざまなテクニックを重ねます。  細かいテクニックを積み重ねるからこそ、  一定の結果が出るのです。    法律関係のクライアント支援のときも一緒です …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。