パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える

あの人がいつも、冷静でいられる理由【トラウマを克服して、強みに変える】

投稿日:

【理論編】

 理性と感情は、両立しません。

 心理学的に言えば、「闘争・逃走モード」と「停止・計画モード」は両立しません。

 どちらか一方だけが選ばれます。

 

 トラウマは、この分類でいえば、

「闘争・逃走モード」に陥らせる記憶ということです。

 自動的に、強い情動が生じ、

「闘争・逃走モード」に入るようにシステム化されてしまっているわけです。

 

 では、このシステムを崩して、「闘争・逃走モード」に入らないようにすればいい。

 つまり、「停止・計画モード」という理性優位の状態を、保ち続けるようにすればよいわけです。

 

 これを一連の手順としたものが、いわゆる暴露法と呼ばれる方法論です。

 理性的でいられる状況をつくり、少しずつ慣れていくわけです。

 しかし、わざわざその状況に近づかなくてもよいのです。

 常にゴール達成に役立つかどうかを判断するようにしていると、

 無意識が自然とその思考をし続けるようになります。

 毎日、自分に「赤いものは何か?」と問いかける練習をしてみてください。

 すると、そのうち、問いかけなくても赤いものが自然と見えてくるようになります。

 人間の脳は、簡単に思考回路を作るようになるのです。
 

 ですから、毎日、ゴールから判断する練習をすれば、

 トラウマが生じたときも、自然とゴールとの関連性を考え、

 理性を働かせるようになるわけです。

【実践編】

1 毎日、1回だけ、「これは、ゴールと関連があるか」と自問する時間を取りましょう。

2 3週間ぐらいつづけて、自分の変化に注目しましょう。

-トラウマを克服して、強みに変える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費         パワハラや、    職場で嫌がらせを受けていると、    どんどん行動力が奪われていきます。   …

no image

叱る子育ては、危険。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

育児書の「叱らない子育て」をするのは実はキケン…!な理由 書店に行くと“叱らない子育て”“子どもを褒めて育てましょう”系の書籍がこれでもかというほどズラリと………. …

no image

パワハラ・職場いじめ対策は早期行動が大切【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

パワハラ対策・職場いじめ対策には、順序が大切です。 最初に行うべきは、メンタルコントロールの技術を身に付けること。 これは、あなたの心と身体を、できるだけ傷つけないためです。 同時に、パワハラ・職場い …

no image

殺せんせーにも、過去はある。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

「暗殺教室」アニメ1期の一挙放送、年明け7日間にニコ生で 2期直前の特別番組も放送 アニメ「暗殺教室」第1期全22話の一挙放送を、ニコニコ生放送が2016年1月1日から7夜連続で実施…&# …

no image

厚労省レベルのパワハラは、今でもあります。

その行動は「指導」それとも「パワハラ」?■増え続ける「○○ハラスメント」 「セクハラ(セクシャル・ハラスメント)」「パワハラ(パワー・ハラス……….≪続きを読む≫ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。