パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える

殺せんせーにも、過去はある。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

投稿日:

「暗殺教室」アニメ1期の一挙放送、年明け7日間にニコ生で 2期直前の特別番組も放送
 アニメ「暗殺教室」第1期全22話の一挙放送を、ニコニコ生放送が2016年1月1日から7夜連続で実施……….≪続きを読む≫

基本的におみくじは引かないのですが、

もしおみくじを引くなら、

よいものが出るまで引き続けるのが、流儀です。

【理論編】

意味の原理というものがあります。

「出来事の意味は、事後的に決まる」というものです。

暗殺教室の殺せんせーにも、暗殺者だったという黒歴史があります。

なぜ、いま教師をしているのか、という部分につながる、物語があります。

この黒歴史が、殺せんせーの弱みであり、最大の強みでもあるのです。

私がこのような文章を書いているのも、

中学2年生のときに、1年間にわたって受け続けた、

執拗な嫌がらせがあるからです。

そこから自分を守るために、心理学、法律を独学で学び始めました。

大学は法学を専攻し、プロ家庭教師として子供達とつながりながら、

昔の自分を助けようとしてきました。

一方で、まだ心が未熟だったのでしょう、

大学時代には、役職を投げ出すという、信頼を裏切る行為をしてしまい、

20人から総叩きに合い、「もう法律の世界に戻ってくるな」とも、言われました。

当然に自己嫌悪に陥り、自己否定をし、自暴自棄になりました。

そこから、少しずつ、自分を変えてきたわけです。

決して、過去の自分の言動が善いこととは思いませんが、

それでも、無駄だったとは思いません。

自分が嫌いになる人の気持ちが、ちゃんと分かるからです。

コーチングというものを、プロとしてしていると、

このような経験が、ものすごく重要になります。

過去がない人などはおらず、

トラウマを持っていない人も、おそらくはいません。

ですが、それはゴール達成したあなたから考えれば、

明らかにあなたを特徴付ける強みとなります。

あなたを特徴付ける、最高の道具となるのです。

あなたはすでに、そのゴールに向かっているわけですから、

トラウマも強みへと変わっている途中だということです。

あなたがゴールに向かえば向かうほど、

過去の弱みは、強みに変わっていくのです。

このような考えを持つことで、

自分のすべての弱みが、強みだと捉えられるようになります。

出来事の意味は、事後的に決まるのですから、

あなたの今の行動が、過去の出来事の意味を変えていくのです。

【実践編】

1 黒歴史を一瞬だけ思い出しましょう。

2 黒歴史が、自分の行動により、強みへと変わっていくイメージをしてみてください。
  結構、これだけでも気が楽になると思います。

トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える
現在、無料特典『やる気に満ち溢れるようになる、プロの心理テクニック』を贈呈中。
この特典を取得して、学んだ理論を実践に移す具体的な方法を身につけてください。

-トラウマを克服して、強みに変える

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラのトラウマを解消する。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】    パワハラ・職場いじめ・職場でのモラハラで、    トラウマを抱えてしまう場合があります。        このトラウマの解消に向けて、 &nbs …

no image

パワハラ6類型の「身体的な攻撃」の例

 厚労省は、    パワハラの6類型というものを出しています。        その類型の1つ、”身体的な攻撃”には、    叩く、殴る、蹴る、丸めたポスターで叩くなどが、 …

no image

指揮命令は、法律の範囲内のみ有効【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 労働契約では、雇用主が被用者に対して、  指揮命令権を持ちます。  これが請負や委任契約との違いを生み出す、  労働契約の特徴です。  言い換えれば、請負人や委任を受けた人は、  原則としては、指揮 …

no image

できない理由が出てくるのは、よいこと。【トラウマを克服して、強みに変える】

恐怖や不安は、あなたが変化を始めた証拠。 あなたを、「これまでどおり」に戻そうとするためのサイレン。 変化を起こしたいなら、ここでアクセルを踏もう。 — 臆病者のための『挑戦する技術』 (@artof …

no image

【まとめ】やっぱり契約関係に過ぎない。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

 コミュニケーションの目的は「共有リアリティの構築」です。  誰もが独自の「現実」を持っています。  同じ空間にいたとしても、認識しているものは違います。  各自にとって違う現実を、共有することがコミ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。