パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

攻撃されたら、誰でも痛い。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

「あなたはメンタルが弱い」は、常套句です。

加害者が、被害者に対して、ほぼ必ず言います。

パワハラをしている上司が、部下に対して、

「それぐらいで傷つくな」と言うわけです。

ふざけるなと思います。

叩かれたら誰だって痛いでしょう。

自分が同じことをされたら、誰でも嫌でしょう。

「チクチク嫌味を言われる」という表現があるように、

チクチクと攻撃を受けていたら、誰でも疲れ切ってしまうものです。

ですから、自分の心が弱いなんて、

まったく思う必要はありません。

「ちょっとしたことで傷つく」と言われても、

気にしなくてもよいです。

継続的に攻撃を受けたら、

誰でも疲れるし、痛みにも敏感になるものです。

そうならない人だけ、そういうことを言えばいい。

痛みを感じることを恥ずかしく思う必要はありません。

自己卑下する必要も、まったくない。

「自分が弱いから痛いんだ」と思い込むほうが不自然です。

それこそ加害者に洗脳されていることを、疑ったほうがよいくらいです。

「痛みを感じて当然。よく自分は耐えている。」と、自分を慰めてあげましょう。

よく耐えているあなたを、誇りに思ってくださいね。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

100%自分原因説は、間違いだ。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

25歳以下は要注意!モラハラのターゲットになりやすい人の特徴 いま、モラル・ハラスメントは深刻な社会問題のひとつ。 日本法規情報株式会社が678人を対象とした調査……&#823 …

no image

パワハラから脱出するための、現実的な解決策を見つける方法

パワハラから脱出するには、あなたの現実を踏まえた解決策が必要です。 その方法を見つけるためには、2つのことを考慮しなければなりません。 1つは目的、1つは状況です。 【1】「方法の原理」 西條剛央先生 …

no image

パワハラ被害経験者だから、わかること。

 私自身も、パワハラ被害を受けた経験があります。        だからこそ、わかることがあります。        一般的に、パワハラ問題は、   「被 …

no image

会社の上司から暴力を受けた場合の、対処法

パワハラの類型の1つに、「身体的な攻撃」というものがあります。 ”上司から、物理的な暴力を受ける”というものが、典型例となります。 今回は、転職ができないという状況だと仮定して、この暴力にどう対応して …

no image

【副業・起業】貢献したい相手のために、しっかりと「情報の届け方」を考えておく

【副業・起業】クライアントに、自分の情報に関心をもってもらうためにするべきこと 発信した情報のほとんどは、スルーされるもの。 だから、自分が味方にしたい人が、何に関心を持っているのかを考えることは大切 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。