パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

退職できないジレンマを解消する。

許容損失をその都度、定める。【退職できないジレンマを解消する。】

投稿日:

最近、「glee」という海外ドラマにはまっています。

歌の魅力を感じられるドラマっていいですね。

演奏や歌のレベルが高いところが、またいい。

【理論編】

挑戦したいと思ったときに、

絶対にしておくべきことは、

「許容損失を定めること」です。

「許容損失の原則」は、

連続起業家の思考法の1つです。
サラス・D・サラスバシ教授という方が、
連続起業家を、
学問的に調査して発見しました。
「許容損失の原則」とは、
「それぞれのステップにおいて、
 許容できる損失を定めることによってリスクを制限する」
という原則です。
簡単に言えば、
何をするにしても、
「何をどこまで失っても良いかを先に決める」と、
いうことです。
これは、
・撤退ラインを先に決めておく、
・最悪の場合に取る手段を先に決めておく、

・セーフティーネットを用意する、
ということです。

起業・副業をすると決めるなら、

そこにどれだけの時間・費用などを費やせるかを決めておくわけです。

セーフティーネットを用意するのです。

そうすることで、冷静に、チャレンジができるようになります。

連続起業家は、

このように撤退ラインや、
最悪の事態が生じた場合のプランを先に決めておきます。
だからこそ、
迷わずに行動に移せるのです。
退職する場合も、
撤退ライン、最悪の場合のプランを決めましょう。
そうすることで、冷静になることができます。
退職し、転職を考えている場合、
どこまでなら損失を許容できるでしょうか。
いつまでなら、
転職活動に時間をかけることができるでしょうか。
いつまでなら、現在の職場に耐えられるでしょうか。

最悪のケースを想定して、その最悪のケースになっても大丈夫かどうかを確かめるのです。

そうすることで、冷静に恐怖と向き合うことができるのです。

【実践編】

1 ゴールを設定しましょう。
 例:半年以内に退職する。

2 ゴール達成のために必要で、挑戦が必要な行動を1つ選びましょう。
 例:半年以内に転職先を見つける。そのために、資格の取得が必要。

3 許容損失の原則に従って、評価・実行しましょう。
 例:資格取得に費やすことができる時間・費用等を考えて、許容損失内ならGO!

関連記事

自分に自信を持つ簡単な方法

-退職できないジレンマを解消する。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

退職するための、家族の賛成を得る方法【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】  転職・起業を考えても、  家族の反対を受けて、できないことがあります。  そうしたときに、  よくある賛成を得る方法が、  体調を崩すことです。    家族から、 「もう辞めてもいい。」 …

no image

将来への不安が消えないときは【退職できないジレンマを解消する。】

【理論編】    人間は、期限がわかっていれば耐えられます。        いきなり牢屋に閉じ込められても、    それが20日間だと分かっていたら、耐えられます。 &n …

no image

パワハラ・職場いじめに、ただ耐える必要はない。

 当然ですが、    パワハラ・職場いじめに、    ただ耐える必要はありません。        もちろん、    後先を考えずに退職したり、 &nb …

no image

パワハラを理由に、即日退職できるのか?:パワハラ解決コンサルタントが法的解説

行政書士・プロフェッショナルコーチの三國雅洋です。 今回は、法律編「パワハラにより、即日退職できるのか」について、解説したいと思います。 先に結論を書けば、「権利はないが、有給休暇を利用すれば即日退職 …

no image

辞めるのは逃げではない。

 パワハラなどを受けて退職を考えたときに、    一般的には「逃げではないか」という思いが出るはずです。        しかし、退職できない一番の理由は、    経済的理 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。