パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを受けて、自分に存在価値がないと思ってしまったら

投稿日:2016年8月17日 更新日:

パワハラを受けると、自分には存在価値がないのではと、

思ってしまいがちになります。

そんなときは、どうすればよいのでしょうか?

 

【1】休暇を取ることを最優先

自分には存在価値がないと思い込んでしまったとき、

最初にしてほしいことは、休暇をとること。

 

冷静に物事を判断できる状況を作るために、

しっかりと休むことです。

 

【2】他人の評価は、あなたの価値に関係ない

私にとって、マンガ『ONE PIECE』は、

マンガの1つにすぎませんが、

ある人にとっては、人生訓が詰まった指南書でしょう。

 

ここで大切なことは、

私がどのように評価しようが、

『ONE PIECE』が持つ価値は変わらないということ。

人がその価値をどのように受け止めるかという、

受け止める側の問題だということです。

 

【3】あなたの存在価値を決めるのは、誰か

他人が、あなたの価値を決めるわけではありません。

では、誰があなたの価値を決めるのでしょうか?

それは、あなた自身です。

 

より正確に言えば、

他人からの評価を参考にして、あなた自身が決めるのです。

 

では、誰の評価を参考にすればよいのでしょうか?

それは、あなたにしか決められません。

 

そうなると、結局は、誰があなたの評価を決めるのでしょうか?

 

【4】なぜ、小さな人達の評価を気にしなければならないのか

なぜ、あなたを攻撃するような

幼稚な人たちの評価を気にしなければならないのでしょうか?

 

小さな権力を振りかざして、あなたを攻撃する人達は、

ゴリラと同じレベルの成長度です。

 

なぜ、ゴリラの言動を真に受けて、

あなたが「自分には存在価値がない」と思わなければ

ならないのでしょうか?

 

【5】傷つくのは仕方ないが、評価を受け入れる必要はない

他人から攻撃を受けたら、誰でも痛いです。

ですから、パワハラを受けて、心が傷つくのは恥ずかしいことではありません。

 

しかし、そのゴリラたちの言動を受け入れる必要も、

まったくないのです。

 

 

あなたは、パワハラに耐えている

精神的にも強い方です。

 

自分を責める必要はありません。

冷静になれば、自分を責める必要はないと、

きっと気付かれると思います。

 

ですから、まずは休暇を取って、

冷静になりましょう。

 

冷静になれば、きっと自分の存在価値の素晴らしさを

思い出されると思いますよ。

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

休職や連休を利用して、パワハラへの対応策を冷静に考えることで、道は開ける。

パワハラ職場からの脱出を考えている方は、ぜひこの連休を使って冷静に戦略を立ててほしいです。 改めてどのような解決を望んでいるかを書き出してみて、そのための方法論も書き出してみましょう。 冷静になって考 …

no image

心の中だけでは、自分に許すな【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

Mr.Childrenのロック調曲(『everybody goes』など)を、 聴きまくっています。 これを受けて、気分がロックになっています。 【理論編】  あなたの心の中は、  国家権力であっても …

no image

パワハラ被害で辛いからこそ、試行錯誤を続けてほしい

パワハラに遭っていて辛いときこそ、試行錯誤を行いましょう。 パワハラ被害から抜け出すには、試行錯誤が必要です。 そして、試行錯誤を続けるから精神が安定します。 【1】パワハラ被害から抜け出すには、試行 …

no image

怒鳴る上司が怖くて辞めたいときの、対処法

パワハラ問題を解決する専門家、行政書士・プロフェッショナルコーチの 三國 雅洋です。   今回は、「怒鳴る上司が怖くて辞めたいとき」について、 お話します。   まず、怒鳴ることが …

誰かが職場いじめのターゲットになり続ける職場がある。

事実として、 常に誰かがパワハラ・嫌がらせの ターゲットになる職場があります。     毎年、新入社員の誰かがなることが多いです。   【1】ターゲット選定に、理由はない …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。