パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを受けて、自分に存在価値がないと思ってしまったら

投稿日:2016年8月17日 更新日:

パワハラを受けると、自分には存在価値がないのではと、

思ってしまいがちになります。

そんなときは、どうすればよいのでしょうか?

 

【1】休暇を取ることを最優先

自分には存在価値がないと思い込んでしまったとき、

最初にしてほしいことは、休暇をとること。

 

冷静に物事を判断できる状況を作るために、

しっかりと休むことです。

 

【2】他人の評価は、あなたの価値に関係ない

私にとって、マンガ『ONE PIECE』は、

マンガの1つにすぎませんが、

ある人にとっては、人生訓が詰まった指南書でしょう。

 

ここで大切なことは、

私がどのように評価しようが、

『ONE PIECE』が持つ価値は変わらないということ。

人がその価値をどのように受け止めるかという、

受け止める側の問題だということです。

 

【3】あなたの存在価値を決めるのは、誰か

他人が、あなたの価値を決めるわけではありません。

では、誰があなたの価値を決めるのでしょうか?

それは、あなた自身です。

 

より正確に言えば、

他人からの評価を参考にして、あなた自身が決めるのです。

 

では、誰の評価を参考にすればよいのでしょうか?

それは、あなたにしか決められません。

 

そうなると、結局は、誰があなたの評価を決めるのでしょうか?

 

【4】なぜ、小さな人達の評価を気にしなければならないのか

なぜ、あなたを攻撃するような

幼稚な人たちの評価を気にしなければならないのでしょうか?

 

小さな権力を振りかざして、あなたを攻撃する人達は、

ゴリラと同じレベルの成長度です。

 

なぜ、ゴリラの言動を真に受けて、

あなたが「自分には存在価値がない」と思わなければ

ならないのでしょうか?

 

【5】傷つくのは仕方ないが、評価を受け入れる必要はない

他人から攻撃を受けたら、誰でも痛いです。

ですから、パワハラを受けて、心が傷つくのは恥ずかしいことではありません。

 

しかし、そのゴリラたちの言動を受け入れる必要も、

まったくないのです。

 

 

あなたは、パワハラに耐えている

精神的にも強い方です。

 

自分を責める必要はありません。

冷静になれば、自分を責める必要はないと、

きっと気付かれると思います。

 

ですから、まずは休暇を取って、

冷静になりましょう。

 

冷静になれば、きっと自分の存在価値の素晴らしさを

思い出されると思いますよ。

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

目標実現の兆しを探すから、学習性無気力に陥らずに済む。

こうなりたいという目的地、ビジョンがあるからこそ、 そこに向かっている兆候、兆しが見えてきます。 もしかしたら本当に実現できるかもと思えるのです。 学習性無力感に陥ったら、どれほど手段があっても、その …

no image

「いい人」をやめたら、幸せになれるのか。

「いい人」をやめたら、幸せになるのでしょうか。 「いい人」をやめたら、楽になるのでしょうか。   そもそも、「いい人」をやめるなんて、 できるのでしょうか。   この点については、 …

no image

職場のハラスメントに取り組むべきは誰か?【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】 職場いじめ・パラハラ・セクハラが、 放置される会社に未来などありません。 あなたがその被害を受け、 または、 他の人が被害を受けていることに気づいたら、 あなたが考えるべきは「どうやったら …

no image

ブラック部活への対処法

ブラック部活と言われる問題があります。 これは、部活版の職場パワハラです。 元記事はこちら http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3847/8.html 私は、部活 …

no image

パワハラ・職場いじめを克服する方法の心理面まとめ

パワハラ・職場いじめなどを解決するには、 3段階を経る必要があります。 今回は、その第一段階である心理面についてのまとめです。 【1】心理面の問題を克服する。 最初は、心理面の問題です。 ここでの目標 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。