パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラと一緒に戦ってくれる仲間を探す。

投稿日:2016年10月24日 更新日:

パワハラは、一人では戦えません。

なぜなら、相手は「職場関係の優位性を背景に」しているからです。

つまり、もともと相手が有利な状況なわけです。

だから、ほぼ必ず仲間が必要となります。

 

【1】会社内で、仲間を作るのは困難

ただ、基本的に会社内で仲間を作るのは困難です。

もちろん、職場外であなたをサポートしてくれる人はいるでしょう。

しかし、同じ職場内で仲間を作るのは、とても困難です。

 

誰だって自分を守りたいと思っています。

被害者の味方につけば、自分が攻撃を受けるかもしれません。

だから、基本的には、職場内で仲間を作るのは困難です。

 

【2】職場外は、カウンセリングだけはしてくれる

職場内での仲間を作ることは、難しい。

しかし、職場外だったら、同じ会社内でも仲間を作る事はできます。

 

ただし、この場合も、一緒に戦ってくれるわけではありません。

陰であなたを支えてはくれるでしょうが、

一緒になって戦ってくれるとは限りません。

あなたの心のケアをしてくれるでしょうが、

一緒にパワハラ問題に取り組んではくれないでしょう。

 

【3】一緒に戦ってくれる人を雇え

そうなると職場外にしか、

一緒に戦ってくれる人はいません。

 

しかし、職場外から一緒に戦ってくれる人の99%は素人です。

つまり、戦い方を知らない。

友人の中に、パワハラと闘ったことがある人がいるでしょうか。

 

だから、最終的には雇うしかない。

専門家しか、現時点においては、頼れる人がいないのが実情です。

 

もちろん、仲間を作ることが無意味とは思いません。

仲間がいることによって、視野を広く持ち続けることができます。

追い込まれずに済むのです。

 

ですから、仲間はぜひ作ってください。

しかし、最終的には外部の専門家以外には、

「一緒に戦ってくれる人」はまずいないと、心しておいてほしいなと思います。

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けている現状に、自己評価を合わせることは不要!

パワハラを受けると、 「自分が悪いのではないか?」、「自分の性格が悪いのではないか」と、 おもいがちです。 しかし、そのように考える必要は全くありません。 むしろ、現状にセルフイメージを合わせてはいけ …

no image

パワハラを耐えるのは、コスパが最悪。

ネガティブな出来事は、ポジティブな出来事の7倍インパクトが強いと言われるそうです。 ですから、ポジティブを増やそうとするよりも、ネガティブを増やしたほうがコスパがいいです。 マイナス思考だと思われるか …

no image

解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費         パワハラや、    職場で嫌がらせを受けていると、    どんどん行動力が奪われていきます。   …

no image

パワハラと戦うには、行政(労基署・労働局)の後ろ盾が必須

パワハラと戦うときに、労基署、労働局、人権擁護委員などの後ろ盾は必須です。   法律家に依頼をしても、相手方に対しては大したプレッシャーとはなりません。 なぜなら、相手も法律家に依頼すれば済 …

no image

パワハラの解決に向けての行動が移せないときは

  パワハラを解決するために役立つ方法は、何十個もあります。 ただ、多くの人は実行に移せません。 だから、解決に向かうことができないのです。   もちろん、リスクがある行動を実行に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。