パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

「辞めたほうがいい」と言うのは簡単

投稿日:

パワハラ被害者に対して、

「辞めたほうがいい」と言うのは簡単です。

 

それができるなら、もうとっくに辞めています。

辞められない事情があるからこそ、

辞めずにいるしかないと思っています。

 

【1】「辞められない」は思い込みか

「辞められない」は、たしかに思い込みかもしれません。

 

「私が今辞めると、他の人たちに迷惑をかける」というのも、

実際のところはどうかは、分かりません。

自分がいなくても、職場が困るのは一時的なもので、

それほど困らないかもしれません。

 

しかし、それが思い込みであるかどうかを確かめる術も

ありません。

 

もし、心のブロックであるなら、

それが単なる思い込みだということには、

自分で気づくしかありません。

 

思い込みは、合理的判断だけでは壊せないからです。

 

【2】現実に生じている障害

もし、辞められない理由が思い込みだと気づき、

辞めても問題ないと気づけたなら、

それだけで辞めることができるでしょうか?

 

多くの場合、そんなことはありません。

 

現実的に、辞めるのが難しくなる理由があるものです。

 

たとえば、次の就職先が決まっていないこと。

または、十分な預貯金がないこと。

このような金銭面が、多くの場合ネックとなります。

 

たとえば、

「パワハラ加害者が威圧的な性格で、退職の意思を伝えるのが怖い」

という心理的な障害を乗り越えたとしても、

お金が入ってくるようになるわけではありません。

 

心理的な障害と、金銭的な障害は別の障害として、

しっかりと取り組まなくてはならないのです。

 

【3】辞めるためには、全部の障害に取り組まなくてはならない

なぜ、カウンセリングだけでは不十分かと言えば、

心理的な障害を乗り越えたとしても、

辞めることはやはりできないからです。

 

辞めた方がいいと分かっていても、

金銭面がネックとなって辞められない人は、数えきれないほどいます。

 

また、契約期間という法律によって

辞めることができない人もいます。

 

「辞めたほうがいい」というのは簡単ですが、

これらの障害を全部克服するのは、

簡単なことではありません。

 

 

だからこそ、パワハラ問題は、

それぞれの分野の専門家が対応するだけでは足りず、

これらの障害を同時並列的に取り扱える、

パワハラ問題の専門家が必要なのです。

 

ですから、もしあなたがパワハラに遭ってしまっているなら、

これらの問題を同時に扱える人を、探すようにしてください。

 

もしあなたの知っている人でそういう方がいらっしゃらないなら、

一度、私にご相談いただければと思います。

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの仕返しの目的は、あなたがスッキリすること

パワハラへの仕返しの目的の1つは、当然、加害者への制裁です。 しかし、現状において、加害者が罰を受けることは、ほとんどありません。 そもそもパワハラに対する認識はまだまだ甘いのに加えて、証拠も集めにく …

no image

パワハラで「仕事を辞めたい」は甘えなのか?

パワハラを受けていて、 会社を辞めたいと思うのは甘えなのでしょうか? もちろん、甘えではありません。   会社を辞めたい現状を受け入れることこそ、 甘えです。   【1】辞めるため …

no image

パワハラの定義の使い方と6類型

前回の記事でも書きましたが、法律上は、パワハラは定義されていません。   しかし、厚労省の”職場のいじめ・嫌がらせに関する円卓会議ワーキンググループ”というところが、パワハラについて定義を出 …

no image

パワハラを行政に相談するのにリスクはない。

パワハラ問題を、内部だけで解決するのは困難です。   そういう自浄作用が働かないからこそ、 パワハラが生じています。 パワハラを解決するには、何かしらの外部機関の協力が不可欠です。 &nbs …

no image

パワハラは心理戦

パワハラは心理戦です。 いかに加害者の心を折るかです。   【1】加害者は、反省などしない 誰でもそうですが、自分が悪いと思っていることはしません。 誰でも自分は正しいと思っています。 &n …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。