パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する 読んでほしい本

『利他の精神入門: 「いい人」をやめずに正しく「いい人」になる方法 (タイガー新書) 』を読もう。

投稿日:2016年12月27日 更新日:

リチャード・タイガーさんが書かれた電子書籍の

『利他の精神入門: 「いい人」をやめずに正しく「いい人」になる方法 (タイガー新書) 』を、

拝読しました。

 

一番のポイントは、

「いい人」をやめずに正しく「いい人」になること、ですね。

 

【1】最近、発売された場合

私は最近、『GIVE&TAKE』という本を読み、

「いい人」のまま報われることが可能だと、

統計的にも言えることを知りました。

 

では、次はどうすれば、「いい人」を保てるかです。

そこで、「いい人」で検索したところ

リチャード・タイガーさんの上記書籍を発見しました。

 

【2】悪い人になる必要はない

 

内容については

ぜひ一度お目通しいただきたいのですが、

結論としては、「いい人」でよいのだということです。

 

これはとても大切な考え方です。

もし「いい人」であることを、

あなたがやめてしまったら、

また世界から「いい人」が一人減ったことになります。

 

それでは、どんどん「いい人」が減ることになりますね。

 

【3】「いい人」をやめれば、あなたは楽になるのか

その上、「いい人」をやめたところで、

あなたが楽になるとは限りません。

 

むしろ、罪悪感を感じたりして

自己肯定感が下がってしまう可能性もあります。

 

何を正しく思うか、

何を間違っていると思うかは

価値観の問題ですが、

その価値観は一朝一夕で

変わるものではありません。

 

【4】いい人のまま、報われる方法を探す

あなたは「いい人」のままでも、よいのです。

大切なことは、「いい人」のままでも、

ちゃんと報われる方法を見つけること。

 

それは現実的な言い方をすれば、

他者に利益を最大限に満たすように考えた後に、

自分の利益も最大限に満たすように考えること。

 

他者の利益を最大化するだけでなく、

自分の利益を最大化するように考えること。

 

これは、別の言い方をすれば

あなたが為す1つの行為で、

社会に提供される価値を最大化しようと、

とことん頭を使うことです。

 

価値の総量を最大化することを目指す、と

言うことです。

 

あなたは「いい人」をやめる必要はありません。

「いい人」のまま、自分も報われる方法を探すこと。

これはつまり、社会に提供する価値を最大化することだと考えて、

頭を使うことです。

 

〈追伸〉

もし今回の記事があなたにとってお役にたったなら、

こちらのメルマガもきっとお役に立つと思います。

ぜひ、一度、お目通しください。

 

 

 

-「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する, 読んでほしい本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラは、「加害者が100%悪い」と思っていればいい。

パワハラ被害者にとりあえず覚えておいてほしいのは、「加害者が悪い」と思っておけばよいということ。 加害者が「自分にも悪いところがあると思うけれど」と言わない限りは、そう思っておいていい。 — パワハラ …

no image

パワハラから脱出するために、ゴールを設定する。

パワハラから脱出して、あなたはどうなりたいでしょうか。 ここが決まらないと、取るべき行動も決まりません。 方法は、目的と現状によって決まるからです。   【1】復讐したいというのも、立派な動 …

3分の1の煩悩のススメ-『煩悩のススメ-幸福になる49の方法』

「いい人」にとって大切となるのが、モチベーションです。 そのモチベーションで悩んだときに読んでほしい本が、 この本です。   https://www.amazon.co.jp/dp/4484 …

no image

パワハラ・職場いじめ脱出したいけれど、できないときは

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせを受けていても、 それを解決するための行動をとれないで、 悩まれているかもしれません。   その場合に、あなたにしてほしいのは、 行動できない心理的障害を、 書 …

no image

いじめ・嫌がらせを受ける「優しい人」のための、相手を傷つけない話し方

いじめ・嫌がらせを受ける人は、「優しい人」が多いです。 故意に人を傷つけることに、激しい嫌悪感を持っています。 たとえそれがパワハラ等の加害者であったとしても、傷つけることが怖くてできないのです。 で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。